急遽、明日アルムニェカに移動することにしました!

という訳で、今日はグラナダ最後の日!

朝はマノレーテのスタジオでファルキートのレッスンを受けました。

「フラメンコはcompetir=競う、のではなく、compartir=分けあうものだよ」

「例えば、ソレアなら、ソレアの振り付けを知るのではなく、ソレアそのものを知らなきゃいけない」

「マノレーテの歩く姿を見て。あれがフラメンコだ」

実際に振りも付けてくれましたが、やはり彼の語る話、目の輝き、立ち姿など
存在を間近で感じられたことが一番の収穫でした!

そのあとはアルムニェカ公演のテレビ取材があり

エミリオたちとご飯を食べ(席に着いてゆっくりご飯を食べたのは久し振り💦)

公園でアイスクリーム☆

夜はクエバ=洞窟にフラメンコを見に。ご好意でタダで入れてもらう~☆ありがたや~☆

スペインに来ると大好きなセビージャとカディスばかり行ってましたが、、、今回を機会にグラナダという美しい街を知れて本当によかったです!

「あなた自身ももう一歩歩みださなきゃ」

カディスに言われた言葉を

思い出しました。

スポンサーサイト

|07-25|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク