イベリアアカデミアライブ、無事終了しました~☆



カンテのモイ、ギターのパコ!
素晴らしかったです!!



踊ると、、、

心が自由になり
体が勝手に動き
どこまででも飛んでいけるような感覚に

なりました!



あの空間に居れたことに
感謝です☆



そして、出演のみんな!



凄かった~☆



上手いのはもちろん、アーティストとしての存在感に感動しました!



「本当に楽しい時間でした。
有子さんに的確にアドバイス頂いて、自分なりに踊り切れた事、それをお客様に観て貰えた事が嬉しかったです。」



「ソロを踊るだけでなくパルマの機会も頂いてありがとうございました。
踊りだけでなく、パルマも歌やギター、踊りに寄り添う事の大切さを感じました。
パコさんやモイさんからそれを学べて本当に良かったです。」



「歌が何がくるかわからないということはわかっていたつもりでも リハーサルと同じ長さの歌がくると思いこんでしまっていたので正直あの時は焦りと不安がこみ上げましたがこれが最後かもしれない…という気持ちで大切に踊りたいと思いました。
自分では悔しくてもう一度踊りたい という気持ちになりましたが
今後に繋がる貴重な経験をしたと思ってます。
先輩方と共演させて頂いたことも刺激になりました。
進化したいし、上を目指したいです。」



それぞれの想い。
それぞれの決意。



今回の経験が
またみんなのフラメンコに繋がっていくと



嬉しいです☆



お越し頂いた大勢のお客様
イベリアのスタッフの皆さん
まおくん
そして、共演のみんな



ありがとうございました!!!

スポンサーサイト

|01-23|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク