2月11日(木)パセオライブにむけ準備中です!



今回、能楽師の吉谷さんにも共演して頂きます!



お能という伝統芸能。



伝統という重み。
継承という責任。



アーティストとしての葛藤と決意。



吉谷さんに知り合ったのは、ちょうどスペイン留学から帰国した時。
これから日本でどうフラメンコを続けていけるか悶々としていた時だったので

ジャンルは違うけど
芸事を極めた吉谷さんの言葉や笑顔は

その時の私を何度も何度も
助けてくれました。



「スランプはそれと向き合うことでしか乗り越えられない」



「‘’屋良はもっと頑張ってる‘’と思って自分も頑張ってるよ」



今回、大切な友人であり、尊敬するアーティストである吉谷さんと共演出来ること、

嬉しいです☆



本番までもう少し。



やっと実現します!  

        
スポンサーサイト

|02-08|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク