長野・木曽チャリティー公演、無事終了しました!



御嶽山噴火で被害をうけた木曽地域の復興支援を目的とした公演。



公演は一部が7団体の群舞。
二部がスペイン人アーティストをゲストに迎えて。



私は生徒10人と参加しました!



前日からみんなで電車で行って
リハーサルして
ご飯食べて
お泊まりして
本番。



一緒に過ごした時間とフラメンコは比例するようです☆
前日のリハーサルより、お泊まりした翌日の本番の方が、数倍パワーアップしてました!!

話したり笑いあった時間がフラメンコに繋がる。




ブレリア+ソレポルのリズムで踊る3人の群舞。ギター・カンテなしの無音。お互いの呼吸を感じながら。

真っ暗な舞台に3つのサス。緊張感。静寂と爆発。



3人の芸術性に感動しました。



そのあと
10人のソレア。青黒いライトにスモークがたかれる中、真っ黒な衣装で踊る彼女たち。



闇を泳ぐ魚のよう。ゆっくりから一気にスピードがマックスまで上がり、またゆっくり、深く、沈んでゆく。



個性がはっきりしてるから各々は全然違うのだけど、しっかりまとまってる。



10人それぞれの歩き方で
一つのゴールに向かう。



本当に
素晴らしい群舞
でした!

感動をありがとう。



参加の7団体。
どの団体もフラメンコへの想いが伝わる熱い舞台!OLE---!!



私はシギリージャを踊りました。



色んなことが起きたけど



どの瞬間も自分自身で居れたこと



それをバックのアーティストたち、会場のお客様と共有出来たこと



感謝です。



ゲストのミゲル、ルイス、パコ。
入交さん、いしけい、紀博さん、やのさん。そして、松山さん。





お疲れ様でした!




長野木曽チャリティー公演。




フラメンコに出来ること。
フラメンコが教えてくれること。





大きな意味のある二日間でした!



ありがとうございました!!









スポンサーサイト

|10-20|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク