おさらい会、無事終了しましたー!



お越し頂いたお客様、アルハムブラのスタッフの皆さん、アメチャン、お手伝いしてくれたみんな。



ありがとうございました!




カンテのプラテアオ、ギターのだんくん。



いつも温かい心をありがとう!



そして、、、出演のみんな!



素晴らしい舞台をありがとう!!




今回で3回目となるおさらい会。





「今年も大好きなみんなと熱い舞台で締め括りたい」




みんな本当にいい顔してました☆




「舞台上では、生徒ではなくアーティストでいてほしい」





みんなと共有する時間が増えるにつれ、





みんなに伝えたいこと、




私自身少し分かってきました。




終演後、各々反省点はあったけど





次に向かっての反省だったのが
うれしい。




『終わってすぐ思ったことは、‘’もう一度踊りたい!!‘’』




『みんなの思いが交差した ライブの時間。そこで過ごせた。幸せです。』



『上手に踊れなかった悔しさや、いつも言葉足らずで自分の気持ちを伝えられないもどかしさ、誰かを傷つけてしまっているかもしれない、自分への残念さ、とか色々な感情が抑えきれなかったのかなぁ…と思います。』



『今年もありがとうございました!
いつも失敗したところを
考えて寝れないのですが、
昨日はぐっすり!
悔しさより、楽しさが
勝ったのでしょうか』



『あんなに何回も録音聴いたのに
本番ちゃんと聞き取れなかったって未熟だなぁと。
そして修正もできず、皆様に助けを求めるしかなかったのも 悔しくて、有難くてたまらない ヒリヒリしたよい経験でした。
と、一日寝たら思えるようになりました。』



『有子先生の周囲には素敵な人が集まっていますね。
今年は有子先生の教室に通い幸せが増えました!』



『悔しいなぁと涙を飲みましたが、その分一生懸命になっていた自分がいたことに少し驚きました。
きちんと一生懸命に何かをやることって、成長するにつれて減っていくと思うので、すごくいい経験でした!』




おさらい会。



自分のいまを確認する会。



みんなの存在に感謝する会。





次に進んでいく会。



熱い舞台をありがとう。



お疲れ様でした!
スポンサーサイト

|12-29|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク