「真夏の夜のフラメンコ」無事終了しました!



2日目は、約2000人のお客様が来場されたとのこと。ありがとうございました!



今年で44回目となる「真夏の夜のフラメンコ」。

この歴史あるフェスティバルに参加させてもらえたことに

あらためて感謝です☆

共演の素晴らしいアーティストの方々、スペシャルゲストのファルーカ、スタッフの皆さん。



お疲れ様でした!



そして、、、庸子先生!

リハーサルでは、
35度の炎天下の中、最初から最後まで先頭に立って指示されてました。



本番では、
舞台袖からずっと舞台を見守られてました。



本番後は、
出演者やスタッフの方々に「素晴らしかったです!ありがとう!」と声をかけられてました。



あの精神力や体力はどこからくるのでしょう。

歴史をつくり続けていく人。

その一瞬を共有させてもらえたこと
有り難いです。



私はみやこちゃんとパレハで踊りました!



練習を始めた頃は
他の公演や発表会の準備と重なり頭がいっぱいいっぱい~。



しかも他の方と被ったので急遽、曲を変更~。



本番まで沢山のヒェ~がありましたが~、、、



いつもみやこちゃんの笑顔に
助けられました。



レトラを探してきてくれたり。
映像見て課題点を書き出してきてくれたり。
衣装やさんと打ち合わせしてくれたり。
励ましメールくれたり。



本当にありがとうネ。



スペインでの大切な時間を沢山共有したヒト。

今でも心温まる存在であり続けるヒト。



彼女と共演出来たこと、
またひとつ大切な時間が増えたこと、

うれしいです☆



とても暑くて
とっても熱い
舞台でした!



お疲れ様でした☆☆☆















スポンサーサイト

|08-06|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク