日曜は、
発表会のリハーサル→ノベンバーライブでした。



お家着いたらヘロヘロ~。

でも、
リハーサルもライブも、絶対きちんとやりたかった。

踊ること。教えること。

どちらも大切に出来るように。

大切なことに言い訳が一つもないように。



ノベンバーライブは
共演者のまいちゃん、岡安さん、だんくん、あやこちゃん。お越しいただいたお客様。伴さん、お店のスタッフの皆さんのおかげで



舞台を楽しむことが出来ました☆



ありがとうございました!



そして、発表会リハーサル。



ギターのかなおくん、前ちゃん。カンテのあやさん、りっちゃん。



音楽が具体的になり
イメージが固まりました!



ん~!すっごい良い舞台になりそう~!!
楽しみです☆☆



実は、、、
今回の発表会をやるか決めるとき、、、すごく悩みました。



発表会の主役である生徒は、
練習に準備に大変。



そんな彼女たちの大変さに応えられるだけの気持ちを



私は

細部まで
最後まで

あげられるだろうか。



「やはりやってよかった!」と、彼女たちも、私自身も、 思えるだけの舞台を準備出来るだろうか。



悩みました。



毎年やるものだから、という惰性でやりたくない。



必要だから、やりたい。



一人暫く考え、時間が経って、今年もやるか自問したら



「うん、やろう」と
自然に思えました。



本番まで一ヶ月ちょっと。



踊ることで
そこに向かうことで



各々のフラメンコが、人生が、更に充実したらいいな。



終わったときに
各々が今より遠くを



見れてたらいいな。







スポンサーサイト

|06-10|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク