アルハムブラソロライブが終わって3日が経ちましたが



まだ分かりません。



「なんであんなに涙が出たのだろう?」



ダビの歌すごく良くて。



だんくんのギター、しげちゃんのバイオリン、マリアのパルマも心強くて。



大勢のお客様、お店のアメチャン、お手伝いしてくれたみんな
、優しくて。



会場の空気も温かくて。



だから、、かな?

舞台に向かって歩いていくとき、
ダビの歌に心臓をワシヅカミされるような

身体中の血液が一気に逆流するような



よく分からないけど
強い強い感情が溢れ

気付いたら涙がボロボロこぼれてました。



苦しかったし、辛かったし、、、とても痛かったです。



でも同時に

とっても幸せでした。



「なんであんなに涙が出たのだろう?」



きっと、
ずっと繋がってたから、、、かも。

あの日も
今日も
繋がってる。

あの日のおかげで今日がある。



「大切なもの」
「私の持ってた大切なもの」



「もう二度とあんなに大切なものは見つからないだろう」



「でも大丈夫」



「目を閉じれば私の中にあるから」


スポンサーサイト

|04-08|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク