先週木曜はお友だちと江の島へ。



去年も彼女と来ました。



去年と同じカフェ。



去年と同じ砂浜。



去年と同じビール。



今とこれからについて真剣に話せる仲間がいるっていいな。



いつもありがとうネ☆



金曜はクラスのあとにみんなで乾杯。



金曜クラスは8月生まれが私も含めて4人。
まとめてお祝いしあいました!



終電までの少しの時間だったけど、フラメンコシューズを脱いでプライベートのこと話したら

みんなのフラメンコがもう少し分かった気がしました。



また来年も一緒にお祝いしようね!



土曜は10月のベニート・ガルシアさんの公演のリハーサル、日曜は長野クラスで

良い刺激を沢山もらえた週末でした!



そして今日は、、、

悶々してます~~、、。

11月に大阪アルディエンテと東京エルフラメンコでソロライブをやるのですが(詳細はまたこちらのHPでお知らせしますネ)

なかなか内容が固まらない~!

やりたいこと、興味のあることは沢山あるのですが、それをどうまとめていいか。フム~。

いい意味の悶々デス☆

自分の舞台をどう創るか。
テーマ、必要性、演出、結論。

私は舞台を創るとき
頭の中にある言葉やイメージをとにかくノートに書き出し、何度も読み直します。

そうすると羅列だった言葉の端々に少しずつ関係性が見えてきて

今の自分を自分自身が把握することが出来る。



忘れてた誰かの言葉
昇華したはずの過去の経験



舞台を創るのは
今の自分と向き合うこと

舞台に立つのは
今の自分を越えていくこと

なのだと思います。



そんな訳で
この悶々は暫く続きそうだけど



舞台が終わったら
悶々した日々に感謝するのだろうから



頑張って悶々しようと思いマス☆
スポンサーサイト

|09-03|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク