ブログの更新がすっかり遅くなってしまいました~。

スペインから帰国したのがまだ一か月前とは思えないほど
ライブやクラスなど色々あり、バタバタな毎日ですが

17_convert_20130615000512.jpg

元気にしてます!

先々週末は、カサアルティスタでライブでした。

fc2_2013-06-26_15-24-43-927.jpg

企画のジャマキートさん、お店のオーナーのホアンさん、お越しいただいたお客様のおかげで
温かいライブになったと思います。

2_convert_20130715101314.jpg

次の日、長野クラスにむかうバスの中で
ライブに出演した踊り手の一人からメールがきました。

「昨日はありがとうございました。
 一年ぶりの舞台でした。」

「自分の存在する意味が分からなくなり空っぽになった気がしてましたが、やっぱりフラメンコが自分を救ってくれたと思います。」

「自分の中ではかなり無謀なライブ出演でしたが、挑戦してよかったです」

彼女は、暫く苦しい時期を過ごしてました。それでも、レッスンには通い続け、自分に、フラメンコに、向き合い続けました。ライブで踊ったシギリージャ、凄かったです。纏ってる空気があまりに濃かったので、彼女が立ってるだけで圧倒されました。苦しさや哀しみが感謝に向かっていくような、重くて深くて、優しい踊りでした。

1_convert_20130715101256.jpg

「ありこさんやみんなに出会えたことに感謝です」

バスの中で涙がポロポロこばれました。

私もこの人生に感謝です。


先週末は「プリメラの仲間たち」に生徒有志が参加しました。

7_convert_20130715101403.jpg

ギター会社のプリメラが毎年主催してるもので、新宿のスペースゼロという劇場で二日間行われるフラメンコのフェスティバルです。

今年は、2名のソロと二組の群舞が出演しました。

出演した生徒、みんな素晴らしかったです☆

12_convert_20130715101651.jpg

、、、でも

本番から時間が経ったし、私も生徒も更に高いところを目指したいので
反省点を。

今年は、”屋良有子フラメンコ教室”として3回目の出場でした。
回数を重ねるなら、その意味とその価値とその結果が必要です。
でも私自身、一昨年、去年も出演したから今年も、、、という惰性があったのでしょうか。
舞台に対する敬意が足りなかったように思います。

13_convert_20130715101713.jpg

本番までに、練習やリハーサルなど最大の準備をしたか
自分たちの作品だけでなく、フェスティバルそのものを大切にしたか

指導者として経験が増えていっても
舞台や自分に対する”もっと上を”の意識を忘れないようにしたいと
あらためて思いました。

3_convert_20130715101339.jpg

そして、昨日は恵比寿のイベリアライブでした。

8_convert_20130715101424.jpg

アーティストのマヌエルとエミリオ。
彼らとは数回共演させてもらってますが、やっぱり素晴らしい☆
ザ・フラメンコなのに新鮮で、毎回驚かされます。
人柄も本当に素敵☆☆

9_convert_20130715101527.jpg

好きなフラメンコを好きな人たちと共有できるのは幸せです。

11_convert_20130715101610.jpg

そして、踊りの梅ちゃんとともちゃん!
オレ~!
踊りはもちろん、彼女たちの熱い想いとその世界観は本当にオレ!でした。

10_convert_20130715101551.jpg

好きなフラメンコを
好きな仲間と
共有できる時間

14_convert_20130715101731.jpg

幸せな毎日です☆☆




スポンサーサイト

|07-15|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク