無事帰国しました!

18_convert_20130615000546.jpg

フランスでストライキがあり飛行機に乗れず途方にくれましたが~
予定より一日遅れで無事日本に着きました!

3_convert_20130614235309.jpg

セビージャの2週間。
一瞬一瞬が本当に濃く充実した毎日でした。

l_convert_20130614234602.jpg
m_convert_20130614234619.jpg

休暇のつもりでしたが

5_convert_20130615000056.jpg
2_convert_20130615000000.jpg

やっぱり~

q_convert_20130603151958.jpg
7_convert_20130615000136.jpg

早起きして自主練習してレッスン受けて

16_convert_20130615000458.jpg

舞台でも踊りました~!

4_convert_20130615000035.jpg

でも、そういう風に
早起きしたり自主練習したり
生活の規律を一定に保ったうえで

自分の思うように行動を選択するというのが

10_convert_20130615000233.jpg
9_convert_20130615000213.jpg

頭を整理し次に進むための
休暇なんだと思います。

s_convert_20130603152047.jpg

レッスンはアデラ・カパージョとファルキートのを受けました。

20_convert_20130615000626.jpg

アデラは、彼女の人生経験がどう踊りに影響していくのか見続けていきたい存在の踊り手です。
旬の時に交通事故にあい復帰してからも苦しい時期が続いたり、母になり舞台を離れた時期もあったけど、そんな経験からか、今は以前よりもっとペソがあり、もっとフラメンカな踊りだと思います。指導者としても素晴らしい。

19_convert_20130615000609.jpg

ファルキートは本当にエレガンテ。
シギリージャ。パソも難しいけど、パソを終えたときのその立ち姿こそ難しい。難しいけど、そここそ”オレー!”
言葉一つひとつも、なるほどの連続で、生まれたときから一流であり続ける人の、経験や努力、フラメンコに対する愛情を感じるクラスです。生徒の雰囲気もすごくいい。みんなファルキートに憧れ、尊敬を持ってて、彼の一言、ひとつの動き、ひとつの視線を見守ってる。何かが起きるかも、何かが分かるかもというフラメンコと自分に対する期待。クラスが終わるととても疲れてるけど、みんないい顔です。

6_convert_20130615000116.jpg

ロンダの舞台は、様々な理由があり(詳しくはまた後日~!)、前日に出演が決まりました。

c_convert_20130614234248.jpg

決まったものの何の準備もして来なかったので、大慌てで衣装を友人にかりたり、網タイツ探したり、車の手配したり、、。バタバタと会場に移動しリハーサルなしで本番。

b_convert_20130614234226.jpg

思い出すとかなりのムチャでしたが、、、やって本当によかったです!

その動画がfacebookにupされてます。見てみてくださいネ。

カンテのガジ。ギターのホアン。パルマのロベルト。素晴らしかった。彼らのアルテを近くで感じられたこと感謝です。集中してたのでどう踊ったか覚えてませんが、ずっと大海を漂ってるようなゆったりした気持ちでした。

k_convert_20130614234545.jpg

舞台の上ではもちろん、それ以外でもすごく勉強になりました。

a_convert_20130614234208.jpg

ロンダまでの移動の車中。景色が本当に素敵で、静かな街並みや教会、澄み切った湖、どこまでも続く丘をみるたび、ガジが「オレ!本当に素晴らしい。これこそフラメンコだ」と言ってました。

そうか、ガジはこの景色を見てフラメンコだと思うのか。 

e_convert_20130614234310.jpg

本番が始まり、控室で他の踊り手が練習してたとき。「舞台の上のアルテにもう少しの尊重を。今は気持ちを落ち着けるときだよ。」とも。

14_convert_20130615000414.jpg
l_convert_20130603151751.jpg

一流のアーティストはフラメンコに対する想いも一流なんだと思いました。

photo_convert_20130615014642.jpg

トリアナの町を散策したり、

n_convert_20130614234644.jpg

カディスの海に行ったり、

j_convert_20130614234452.jpg
i_convert_20130603151635.jpg

大切な友人に再会したり。

3_convert_20130615000018.jpg

いつもの場所を訪れ、今の自分について考えました。

4_convert_20130614235329.jpg

日記を沢山書いたら、これから進みたい道が少しわかりました。

1_convert_20130614234140_20130614235528.jpg

「todo por algo」

大切な言葉を思い出したら涙が止まらず

12_convert_20130615000311.jpg

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

8_convert_20130615000155.jpg

初めてスペインに来てから15年。あの時なりたかった自分にいま少し近づけてるでしょうか。

u_convert_20130603152134.jpg

近づいては遠退いて、の繰り返しかな。

15_convert_20130615000437.jpg

だから、またセビージャに戻ってくるんだと思います。

c_convert_20130531223722.jpg

だからまた、、、明日から頑張ります!!

17_convert_20130615000512.jpg





スポンサーサイト

|06-15|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク