先週金曜・土曜は発表会のリハーサルでした!

217_red_convert_20130226092251.jpg

カンテのプラテアオとパブロ、ギターのフェルミンと暖くん、舞台監督のヒラルディージョさん
みんなに集まってもらってのリハーサルでした。

6_convert_20130410094238.jpg

スタジオが広くて思ったように動けなかったり、バックと呼吸があわなかったり、緊張したり等々
これからの課題はありましたが

生徒の踊る姿はオレ~!!
一人ひとりがフラメンコに、発表会に、真剣に取り組んでいることを再確認できたのは

嬉しかったです☆

a_convert_20130410100723.jpg

「出演者、お客様、みんなの心に残る熱い舞台にしたい」
私自身の気持ちも、再確認できました。

本番まで残り一か月!

踊りを深めていくと同時に
彼女たちの内側も更に深まっていくんだと思います。

2_convert_20130318014419_20130410094412.jpg

日曜は恵比寿イベリアでライブでした!

お越しいただいた大勢のお客様、ありがとうございました!

1+(2)_convert_20130310210557.jpg

カンテのマヌエル・タニエ、ギターのエミリオ・マヤ
素晴らしかったです☆

2+(2)_convert_20130410100331.jpg

私はソレアを踊りました。
反省点は相変わらず沢山ありますが~

彼らとフラメンコを一瞬でも共有できたのは財産です。

1_convert_20130410094050.jpg

ライブ後、エミリオに
「アリコ、ソレアよかった。掴むところと放すところ、ソレアだった。」
と言われました。

掴むと放す
願うと許す
探すと分かる

私のソレアが少しずつ形になってきてます。

5_convert_20130410094157.jpg

発表会では先生として
ライブでは踊り手として

1_convert_20130410102912.jpg

フラメンコに多くを教えてもらってる毎日です。

スポンサーサイト

|04-10|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク