昨日、スペイン料理がそろそろ恋しいでしょうとお友達がお食事に誘ってくれたので
神楽坂にあるスペインレストラン EL PULPOさんに行ってきました。

魚介類が中心のお店で、若い女性から会社帰りのサラリーマンまで客層は様々ですが
超満員!!
それもそのはず、生ガキやヒラメのカルパッチョ、タコのガリシア風などどれも最高。ワインとぴったりで大満足でした。
「こんな美味しいお料理食べられるならスペイン行きたい」とお友達が言うのも納得です。

が!!私はこんな美味しいお料理、スペインで食べたことありません!

超貧乏生活だったので、パンとトマトときゅうりが主食の毎日。
たまに贅沢で買うチョリソーを、お友達が犬にあげてるのを見て愕然としたことも!
両親が知ったら嘆きそうな食生活でした、、。
でも、、

悩みなく突き抜ける真っ青な空を見ながらベランダで食べたり
グアダルキビール川岸で友達と笑いながらビールを飲むのは
本当に幸せな時間でした。

最近は、年齢のこともあるし、プロの踊り手として体調管理にも責任を持たないとと思うので
食生活も以前よりは気をつけてます。
でも、とにかく勉強したい気持ちでいっぱいだったあの頃のご飯を思い出すと
懐かしく温かい気持ちになり、また気が引き締まりもします。
スポンサーサイト

|02-25|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク