今日はマルワ財団のコンクールの本選を見てきました。

高木亮太くん堂々一位!!おめでとう!!
予選で舞台裾から飛び出してきた勢い溢れるアレグリアスも
溜めてためて爆発した本選のソレアも素晴らしく
若いエネルギーと、いるだけで何かしてくれるんじゃないかと期待させる存在感は
本当にあっぱれでした!

彼の踊りを初めてきちんと見たのは去年のセビージャのスタジオ。
翌日の彼のライブのためのリハーサルでした。
何かお手伝いできないかとスタジオに足を運びましたが、、、いやいや、、
彼はその踊りだけでスペイン人のバックの皆を納得、興奮、満足させ、
言葉や説明のいらない直球勝負をやってのけました。
翌日の本番はそれよりもまた素晴らしく、集中や迫力や余裕の表情を見せ
何よりも楽しみながら踊りきったステージは、バックも会場のお客さんも巻き込んで
これまたあっぱれでした。
普段の彼は、とても謙虚でバイトも頑張る好青年。
これからどうなっていくんだろう。
またまた期待です。

個人的には、三枝雄輔くんと小川愛ちゃんも各々の世界観が見えるフラメンコで
とても好きでした。

一曲7分という短い時間の中にも、今日に至るまでの準備の時間の中にも
皆さんそれぞれ不安やプレッシャー、喜びなど、
観る側にはわからない色んな想いがあったと思います。
それは具体的には分かりえないけど、その全部が感動としてこちらに
伝わってきました。

本当にお疲れ様でした。

スポンサーサイト

|02-22|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク