新宿・酉の市行ってきました!

b_convert_20121109234045.jpg

ザ・日本の祭!
提灯、出店、みんなの笑顔、、、ワクワクします☆

c_convert_20121109234104.jpg

スペイン・セビージャの最大のお祭りはフェリア!
一週間、老若男女、呑んで、笑って、セビジャーナスを踊り続けます。

13_convert_20120401075357.jpg

私は15年前初めてフェリアに行きました。そこでセビジャーナスを踊ってたときのこと。

「上手いね。でもアカデミックだね。」と見ていた初老の男性が一言。

「baila bien,pero~~」(踊りは上手い、でも~~)

この言葉はフラメンコに向かい合っていく過程で必ずぶつかる言葉だと思います。

踊りは上手い、でもアカデミックだ
踊りは上手い、でも感動しない
踊りは上手い、でも何かが足りない

2_convert_20120407065507.jpg

当時、私はその言葉の意味を本当に理解してはいませんでした。
でも、その初老の男性をはじめ、そこにいた特に年配の方々のセビジャーナスには
心惹かれたのを覚えてます。

ゆっくり上がっていくブラソ
気品に満ちた一歩
愛情と確信の眼差し

特に何をするわけでもないのだけど、、、思わずオレ!!

10_convert_20120409075211.jpg

久しく忘れてたけど、、、
お祭りの中で、生活の中で感じたそんな一場面が
今の私のフラメンコを助けてくれてるんだろうなと

a_convert_20121109234027.jpg

酉の市に行って、思いました。


 
 
スポンサーサイト

|11-09|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク