7月22日長野ライブ終了しました!

お越しいただいたお客様、ありがとうございました!
そして、お手伝いと温かい笑顔・ハレオをかけてくださった清水よしこさんとその生徒さん方々
本当にありがとうございました!

10+(2)_convert_20120727001940.jpg

ホアン・ビジャールとアントニオ・ビジャールのカンテ、
黒くうねってました。

11_convert_20120727002003_convert_20120727002750.jpg

私はシギリージャとティエントを踊りました。
今まで何度も
色んなアーティストと
様々なシチュエーションで踊ってきた曲でしたが

3_convert_20120727001717.jpg

今回は今までと”何か”が違いました。
レトラもエストリビージョもパルマも衝撃で
黒くてうねり続ける彼らの世界に集中するので必死でした。

1_convert_20120727001639.jpg

踊りの反省は無限にありますが
彼らの世界に集中すること、それだけが彼らと共演する意味なのだと思います。

2_convert_20120727001700.jpg

今回のライブ、自分が思ってた以上に私は緊張してたようで
終演後ホアン・ビジャールの優しく嬉しい言葉に
(内容は私のうちだけに大切にしまっておこうと思います)
緊張や不安が緩んで、涙がぽろぽろ流れてしまいました。

5_convert_20120727001754.jpg

アントニオ・ビジャールのハレオも印象的でした。
「!!Ole!!Tu Madre!!(あなたのお母さん、オレ!!)」

Tu:あなた、ではなく Tu Madre:(あなたを産んだ)お母さんに
オレ!!

フラメンコを一族で大切にしてきた彼のハレオは深くて重かったです。

そんな彼らのフラメンコを少しだけでも同じ舞台で共有できたことに感謝です。

4_convert_20120727001736.jpg

次の日は、ライブを見に来てくれた長野クラスの生徒さんと一緒に長野観光をしました。

9+(2)_convert_20120727001919.jpg

お喋りしたり、笑いあったり、ご飯を食べたり。

6_convert_20120727001814.jpg

フラメンコ以外の時間を共有することで
彼女たちのフラメンコをもっと知れたような気がしました。

7+(2)_convert_20120727001837.jpg

素晴らしいアーティストたち
見守ってくれる多くのお客様
知り合ったご縁を大切にしてくれる生徒さんたち

8+(2)_convert_20120727001858.jpg

沢山の輪の中で
私のフラメンコが在ることを実感した
二日間でした。







スポンサーサイト

|07-25|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク