昨日はノベンバーイレブンズでライブでした。
お越しいただいた大勢の皆様本当にありがとうございました!!
真剣な表情で出ていくと目の前に池田親子の姿が見え、思わず微笑んでしまいました!
また、静岡から足を運んでくれた渡辺さん
大学時代の友人の江田さん
いつも応援してくれる方々
ありがとうございます!
ギターの亮太郎さん、カンテの川島さんには合わせで色々アドバイスをもらいました。
やりたいイメージに近づくにはどうするか具体的にアイディアをもらえ
本番では私の力量不足でやりきれない点も残りましたが
これからの課題として大きな収穫でした。
共演の松丸さんは私の師匠。
パルマをたたかせてもらい松丸さんの世界と求めるものの大きさが
客席からとはまた違う角度で見え、益々憧れの人になりました!
荻村さんは初対面でしたが物腰柔らかい女性的な方で
特にアレグリアスの粋な抜けはオレ!!で、また一緒に舞台できたらと思います。
私は、、、”やりたいこととやれてることに差がある”と某M氏に言われたように
イメージ先行の踊りで、その場を楽しむ余裕と力量が足りませんでした、、、。
いつかはステージが終わった後、うまくいったと満足できる日がくるのでしょうか。
全部出せた、一体になれたという充実感はあるけど
反省のない満足は一生ない。
だから次に続けていく意欲につながるのしょう。
目標は到達した瞬間に過去になるから
一生、”もっと”を欲するんだと思います。
そんな人生は過酷で最高に幸せですね。
スポンサーサイト

|02-10|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク