ソレアドライブ無事終了しました!
お越しいただいた大勢のお客様、ありがとうございました。

88_convert_20120611111006.jpg

今回は
タラントでリブレを踊る、とか、
ソレアからソレア・ポル・ブレリアまでレトラを沢山踊る、とか
私なりの課題があり

上手くいったりいかなかったり、、、
とても勉強になりました。

3_convert_20120611110851.jpg

、、、が、そんな課題は結局大したことではなかったです。

1_convert_20120611110822.jpg

素晴らしいアーティストたちと同じ舞台に立つという
重要性と責任こそあらためて勉強させてもらいました。

カンテのエル・プラテアオとギターのホアン・ソト。

6_convert_20120611110936.jpg

素晴らしかったです。

7_convert_20120611110951.jpg

シギリージャのレトラとか
流れ込んでくるファルセータとか
深く心に響いてきました。

普段は気さくな彼らだから思わず”お友達”のように接してしまうけど、
あらためて”アーティスト”なのだと思いました。

5_convert_20120611110919.jpg

先日、友人の踊り手の子が
「最近は誰でも舞台で踊れるし、憧れてたアーティストと簡単に共演する機会も増えて
 ”舞台への夢”や”アルテへの尊敬”が少なくなった」
と言ってました。

確かに。

私も
有難いことに舞台の出演依頼や豪華アーティストとの共演の機会を
頂くようになりました。

毎回全力で取り組んでます。

2_convert_20120611110836.jpg

でも
”全力で取り組む”のは当たり前のこと。
それでは足りないんです。

4_convert_20120611110906.jpg

”全身でアルテに対して尊敬の気持ちを持つ”こと
忘れないようにしたいです。

9_convert_20120611113040.jpg

多くを気付かされたソレアドライブでした。



スポンサーサイト

|06-10|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク