週末、コルドバとカディスに行ってきました。

17_convert_20120404065807.jpg

コルドバは友人を訪ねて行き
家族に温かく迎えてもらいました。

19_convert_20120404065857.jpg

「アンダルシア人は話す声が大きいでしょ!」と大きな声で話すお母さんは80歳ですが
身体・精神とも、とても元気。

20_convert_20120404065921.jpg

高齢になっても、
スペイン人女性は毎週美容室に行ったり
スペイン人男性は真っ白でパリッとアイロンかかったワイシャツに
ピカピカに磨かれた靴を履いたりしてます。

お家もとても綺麗に掃除されてます。

18_convert_20120404065832.jpg

今回、コルドバは自転車で散策しましたが
街があまりに悠々としてて
自分の中にコルドバがあるような
自分がコルドバの一部になったような
不思議な感覚を経験しました。

16_convert_20120404065735.jpg

カディスは、今回特に行きたかった場所でした。

14_convert_20120404070016.jpg
15_convert_20120404070037.jpg

今までの留学で
息詰まると電車に飛び乗り、この海に来ました。

11_convert_20120404070213.jpg

防波堤に座って一人潮風に吹かれると
体が軽くなっていき
また前を向いて歩いていく勇気が湧いたものです。

12_convert_20120404070236.jpg

今回、海に着いたときは曇っていたのですが

9_convert_20120404070120.jpg

少しずつ雲がとれ

6_convert_20120404070341.jpg

日が差し込んでくる様は

圧巻でした。

10_convert_20120404070145.jpg

”目を通してものが体の中に入ってくる”これまた不思議な感覚を経験しました。

7_convert_20120404070438.jpg

コルドバもカディスも、
今まで何度も訪れたことはありますが
毎回、今の幸せを実感し、感謝しなおす機会をくれる

大切な場所です。







スポンサーサイト

|04-04|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク