皆さんそうでしょうが、私にとっても母親の存在は大きいです。
何と言っても、彼女から生まれてきたのですから
そのつながりは絶対です。

スペインでどうしようもなく途方にくれてたとき
突然、母親から電話があり
「言いたいことがあるでしょ」と言われたとき
参った、、と思いました。
私の時間を邪魔したくないと遠慮して電話してこないのに
久しぶりに、でも、全てを察したかのような電話に
気持ちがゆるみ号泣しました。
フラメンコをしたいと強引にスペインに来たし
応援してくれる人に応えたい
でも今、私のしてることは正しいのか
状況を把握するのも精一杯、
そんな不安と自問を繰り返してるときの突然のでも核心をついた電話、
そしてそこで言われた言葉の大きさ。
あのつらい時期に学んだことはいっぱいで
初めて人生の残酷さも感じました。
でもあの時期があってよかったと今こころから思えるのは
母親の電話のおかげです。

今日、その母から湿布が送られてきました。
一緒に私の大好きなレーズンクッキーが入ってたので
そんなスペインのことを思い出しました。

スポンサーサイト

|01-29|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク