今日からアレグリアスのクラスがスタートしました!

個人的にアレグリアスという曲には想い出が沢山ありますが、、

3年前にスペイン・カディス県のアレグリアスコンクールに出場したときのこと

当日、会場まで行く電車がストライキでとまったり
ギタリストが遅刻してきてあと一分で出場停止になるとこだったり
終わったら足を骨折してたり!!
色々ありましたが、、、

踊ってる最中に、「私だけアレグリアスを知らない」と実感したことが
一番忘れられません。

会場は地元カディスの人々で満席。
彼らはアレグリアスという曲に慣れ親しんでるし、こよなく愛してます。
その中で踊ると、、、私だけ何か違うんです。

彼らのハレオや拍手は、、、
踊ってる私より歌ってたし、楽しんでました。

うまく言えませんが、、、
上手く踊る、とか
私らしさ、とかイゼンに
アレグリアスとは何ぞやってこと

私はきっと何にも分かってないんだな、、、と漠然とがっかりし骨折した足をひきづり
会場を出たら、、、

海が広がってました
vcm_s_kf_m160_160x120 (3)

強い風が吹きつける広大な海でした。

そこでしばらく茫然としてたら、、
自然にアレグリアスを鼻歌で歌ってました。
IMG_0130_convert_20090914072056.jpg

つまりは、、、そういうことなんだと思います。
3300_Copyright_HirohisaAoyagi.jpg

少しの経験だけど、全身で感じてきたことを伝えられるクラスになるといいな。
スポンサーサイト

|06-04|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク