部活で一緒だった子はクラスメートと違う思い入れがあるように、セビージャで一緒だった人たちには特別な思い入れがあります。
濃い時間を共に過ごした仲間です。
今日偶然3人の仲間から連絡がありました。東京、大阪、熊本でそれぞれの道を歩んでます。
そんな近況報告が本当に嬉しい。私もそうですが、現生活は素晴らしいだけではやっぱりないけれどみんなセビージャの時間を自分の深いところで栄養にして、今を勇敢に進んでます。そして、仲間に、元気にしてたら嬉しいなって声をかける。前のようには会えないけれど、彼・彼女たちの存在はいつも私の中にあり、励まされてます。ありがとね。
いい顔で会いたいから明日もまた頑張ります!
スポンサーサイト

|01-11|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク