今、ルンルンしながら帰ってきたところです!

pena torres de macarenaに行ってきました。

モロンの2人の歌い手、david el galli とmoi de moronの歌を聞きたくて行ったのですが
素晴らしかった!最後のソレアが特に良かった!

ギターのantonio gamezも良くって、
攻めと引きが交互に訪れるファルセータも、ハレオをかける姿も良かったです。

踊りのirene la sentioはイタリア人とのことだけど、、、スペイン人みたい。
大体、容姿はイタリア人もスペイン人も同じようなものだし
喋るとアクセントで分かるけど
文化も似ているし。

にしても、”外国人”のはずなのにすごいな~、
そう言えば、ファルキートが先生って言ってたな~、
あの弾丸サパテアードは確かにそうだな~、
なんて思って見てたら、、、、私の隣にそのファルキートがいるではありませんか!
その隣にはファルーも!

何度、彼らのビデオを見て感動して泣いたことか。
その二人が客席にいれば舞台のアーティストも当然テンションがあがります。
そんなんで、、、熱い舞台だったんです。
最後には彼ら二人もフィンデフィエスタに参加するという大おまけつき。

フラメンコ楽しい~!とあらためて思った夜でした。 

IMG_0231_convert_20091119083909.jpg
よく見えないけど、右から2番目がファルキート。ギターも弾きました。
スポンサーサイト

|11-19|日記||TOP↑
この記事にトラックバック

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク