カディスの海に来ました!



去年の日記に「来年も来るんだろうな」って書いてあったけど、、、やっぱり来ました~☆



お気に入りの場所に座って、
強い潮風浴びて、
海を見る。



ただそれだけなんだけど
、、、なんでだろう



必要な時間です。



考えたり、考えなかったり。
目を開けて見たり、目を閉じて見たり。



そうやってるうちに
要らないものが削ぎ落ちてゆくような
自分自身にリセットされるような
感覚になります。



7年位前、
カディスのアレグリアスコンクールに出演したときは



挑戦の場所でした。




セビージャ留学時代には



次に進むために
励ましてくれる場所でした。



今は



自分自身になれる場所かな。



私の中で意味は少しずつ変わってきてるけど、来るべき場所なのは変わらないんだな。



来年はどんな気持ちで
ここに居るかな。

今日も天気がよいです!
スタジオいってきます~☆












スポンサーサイト

|10-31|日記||TOP↑
スペインでは当たり前だけど~



「え~💦💦」が今回も沢山あります~。




私にしては珍しく計画的に(!)
こちらに来る前から
習いたいPさんと連絡をとり
個人レッスンの日にちと時間をバッチリ決めてたのですが



スペイン出発前日に確認のメールしたら
「私いまアメリカ。」の一言。



「え~💦💦」



スペインも遠いけどアメリカも遠いヨ~~。



気を取り直して
別のクラスに行ったら

「人数揃わないからやっぱりクラスなしね!」



「え~💦💦」



今朝電話したときはあるって言ってたのに~~😢



そうそう、こんな感じよね、仕方ないよね、なんて自分を励まして歩いてたら



偶然友人に再会して



「えー☆☆」



そして
夕方、素晴らしい踊り手との出会いがあり



「エー☆☆☆」



今日はその彼の個人レッスンうけました!
素晴らしいー☆☆



彼はマドリッド帰っちゃうから今日と明日の二日間だけだけど



明日もとっても楽しみです!!



近況報告でした☆













|10-29|日記||TOP↑
セビージャ着きましたー!



羽田→パリ→マドリッド→セビージャで20時間くらいかかりましたが



あっという間でした☆



去年の日記を読み直したり
スペイン滞在の計画立てたり
これからの人生について考えたり。



マドリッドからの新幹線AVEで
車窓を見ながら思いました。



「変わらないなぁ。」



変わらないトリアナの河。
変わらないカディスの海。
変わらないセビージャの空。
変わらない人々の笑顔。

変わらない、私の想い。



スペインに毎回来るのは
新しいモノを探すためではなく
変わらないモノを確認したいからなんだと思う。
それらと自分はちゃんと繋がってるか
再確認したいからなんだと思う。



二週間の滞在。
楽しみです。
 









|10-28|日記||TOP↑
田村ようこちゃんの20周年公演に出演させて頂きました!



ようこちゃん、本当に素晴らしかったです!!!

ゲストのヘスス・オルテガが「ヨウコは完璧だ」って言ってたけど、ホントそう。

力強いタラント
女性らしいソロンゴ
ピアノとパリージョの競演
バタ+マントンなど

踊り手としてレベルが高く幅が広いし

振り付けや構成など舞台の演出も素晴らしいし

大勢のお客様や共演者から愛される存在であるし!

ホント「ヨウコは完璧」でした☆



共演のアーティストも素晴らしかったです!

カンテのダビ・パロマール、プラテアオ。ギターのラモン・アマドール、だんくん。
ピアノのリカルド・ミーニョ。
カホンのパゴ・ベガ。
踊りのヘスス・オルテガ、あっこちゃん、宝ちゃん。



リハーサルから良い空気がずっと廻ってて
各々のエネルギーが合体して膨らんでドンドン大きくなっていくのを

感じました。



みんなの、‘’ようこちゃんが好き‘’って想いを

感じました。



カーテンコールで
真っ白なバタを着て、超満員のお客様の拍手を全身でうけるようこちゃんの姿に

涙が出ました。



本当にすごいヒトだなぁ。



20周年という大切な舞台を共有させてもらえたこと

感謝です。



打ち上げで
「ようこちゃん、これからどうなっていくの?」って聞いたら

「えー、まだまだやりたいこといっぱいだよー!これからだよー!」

って笑った顔がキラキラ輝いてて

踊り手として女性として
益々ファンになりました!



素晴らしい時間をありがとうね☆☆
+本当にお疲れ様でした!!!


















|10-24|日記||TOP↑
長野・木曽チャリティー公演、無事終了しました!



御嶽山噴火で被害をうけた木曽地域の復興支援を目的とした公演。



公演は一部が7団体の群舞。
二部がスペイン人アーティストをゲストに迎えて。



私は生徒10人と参加しました!



前日からみんなで電車で行って
リハーサルして
ご飯食べて
お泊まりして
本番。



一緒に過ごした時間とフラメンコは比例するようです☆
前日のリハーサルより、お泊まりした翌日の本番の方が、数倍パワーアップしてました!!

話したり笑いあった時間がフラメンコに繋がる。




ブレリア+ソレポルのリズムで踊る3人の群舞。ギター・カンテなしの無音。お互いの呼吸を感じながら。

真っ暗な舞台に3つのサス。緊張感。静寂と爆発。



3人の芸術性に感動しました。



そのあと
10人のソレア。青黒いライトにスモークがたかれる中、真っ黒な衣装で踊る彼女たち。



闇を泳ぐ魚のよう。ゆっくりから一気にスピードがマックスまで上がり、またゆっくり、深く、沈んでゆく。



個性がはっきりしてるから各々は全然違うのだけど、しっかりまとまってる。



10人それぞれの歩き方で
一つのゴールに向かう。



本当に
素晴らしい群舞
でした!

感動をありがとう。



参加の7団体。
どの団体もフラメンコへの想いが伝わる熱い舞台!OLE---!!



私はシギリージャを踊りました。



色んなことが起きたけど



どの瞬間も自分自身で居れたこと



それをバックのアーティストたち、会場のお客様と共有出来たこと



感謝です。



ゲストのミゲル、ルイス、パコ。
入交さん、いしけい、紀博さん、やのさん。そして、松山さん。





お疲れ様でした!




長野木曽チャリティー公演。




フラメンコに出来ること。
フラメンコが教えてくれること。





大きな意味のある二日間でした!



ありがとうございました!!










|10-20|日記||TOP↑
「HAKUTO白兎」リーディング公演の前は、エルフラメンコ公演でした!



踊り手はペドロ・コルドバ、里ゆみこちゃんと私。
ギターはマヌエル・カスティージャ。
カンテはファン・カンタローテとディエゴ・ゴメス。



尊敬し大好きなメンバーたち!!






ペドロ・コルドバは
15年前セビージャに留学してるとき初めてレッスンを受けました。



「私こういうことを習いたかった!今は出来ないけど、、今日のこと忘れません!」と熱く伝えたこと覚えてます。



それから時間が経って
こうして共演出来たこと
本当に嬉しいです。



さとゆみちゃんは
数年前、森田しほ先生のクラスで一緒でした。いつも前の方にいる彼女を
「綺麗なヒトだな」と後ろから憧れの気持ちで見てました。




それからタブラオで共演したり
スペインで熱い時間を共有したり(いま思い出すと本当に大笑いのことばかり!)

今までもこれからも大切な存在のヒト。




今回も
踊りも人柄も
やっぱりOLE--!!でした☆☆




私はタラントを踊りました。



何回も踊ってきた曲だけど
彼らとしか出来ないことをやりたい!




ギターのマヌエルの音源を調べ
心に響くファルセータを探し
振り付け考えたり。



カンテのファンとは、ギターなしの歌と踊りだけでやりたかったから
歌詞の意味と歴史を調べ
沖縄の幼少期の思い出を重ねてみたり。




本番は上手くいかないところもあったけど




どの瞬間も
今の全部で
居れました。




本番前は緊張と同時に、
「これで終わってしまうんだ」という寂しさを感じましたが




本番後は
「終わりたくない~。
もう一回やりたい~!!」





という訳で再演を考えてます~☆






お越し頂いた大勢のお客様、
お店のスタッフの皆さん、
お手伝いしてくれたみんな。





本当にありがとうございました!!!



再演を願いつつ、、、
お疲れ様でした☆☆













|10-17|日記||TOP↑
リーディング公演「HAKUTO白兎」三日間、無事終了しました!



演出=鴻上尚史さん。
キャスト=吉田照美さん、中村メイコさん、中山美穂さん。



台本は本当に面白くて戴いてから一気に読んでしまいました!

リズムがあり軽快!

、、、だけど、深いメッセージが詰まってる。



しかし~💦
その台本が届いたのが本番の前の週!

読み終わった後
暫し呆然。

あと数日間でどうする??
振り付け、練習、リハーサル、衣装、、。

、、、いやいや、どうする?じゃない!
とにかくやる!!

それからは頭フル回転。大袈裟ではなく分刻みの生活でした💦💦



でも、
終わった今は、



充足感でいっぱいです。



私の実力の足りない点は沢山あるから満足は出来ないけど、
足りないところも含めて作品にまっすぐ向かいあえたことに対する納得、
あの素晴らしい空間を共有させてもらえたことに対する感謝から



いま充足を感じてます。



鴻上さんの演出は本当にマジックです!
照明、音楽、映像。
こうなったり、ああなったり!

フラメンコの公演も演出して頂きたい~☆



お客様は、
リズムのよい冗談交えた展開に笑っちゃうのだけど

終わると胸が苦しくなって思わず泣いてしまう。



私は、
作品とフラメンコの距離感をどうすればよいか悩んでました。

何回も台本を読んだり、鴻上さんに質問したり、客席に座って舞台を眺めたり。

そしたらやっと分かりました。

‘’フラメンコそのものでいいんだ。‘’



あってるかは、、、実は分かりません。
でも、フラメンコそのものでよいと思ってから作品とフラメンコが近くなった。寄り添えた気がします。自分自身納得出来たからかな。



見にきて頂いたお客様から感想のメールをもらいました。

「リーディングの表が、面白いトーク、かけあい、物語なので、裏に流れていた深いテーマや、悲しい感情や怒りとか優しさとかが、リーディングだけだと、確かに有るし、伝わるんだけど、宙に浮いてしまうというか、客席に香り立つ感じで終わってしまいそう。

だから、フラメンコがあって、作品の底に流れる感情を、見える様に聴こえるように、しっかりと支えていたように感じました。」




リーディングとフラメンコ。



模索+模索の日々でしたが
本当に多くを学ばせて頂きました!



可能性にもっとチャレンジしていきたいと思った舞台でした。



お疲れ様でした!
+ありがとうございました!!























|10-16|日記||TOP↑
長野クラスの帰りのバスです!



渋滞~💦💦すでに4時間乗ってます~💦💦

でも、、、楽しいです☆

色んなこといっぱい考えられるから!



まずは、今週水曜のエルフラメンコ公演。
大好きなペドロ・コルドバと里ゆみこちゃんとの共演。



ペドロに振りを付けてもらってますが、お手本を見せてくれる度「OLE---!!」
でも、パソを説明してもらう度「ヒェ~💦💦」

速すぎて見えなかったけど、そんなことしてたんですね💦💦



ペドロは、踊りはもちろん、人柄もOLE!!で
一緒にいるだけで幸せになります。

共演出来ること
嬉しいです☆



そして、今週末から始まるリーディング公演3日間。



台本はすっっごく面白くて一気に読んでしまいましたが、、、肝心の踊りの部分、悩んでます~💦💦

朗読という聴覚の世界に
踊りという視覚の世界を
どう入れれるかな。

ん~、、、
先入観にとらわれず。
イメージを。
可能性を。

もうちょっとで
答えが見つかりそうです。



考えたり悩んだり進んだり。
本番までのこの時間。
この悶々な時間。



、、、大好きです~☆



ん~まだバス着かないから
もう少し悶々します~☆☆










|10-04|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新コメント

リンク