屋良有子フラメンコリサイタル”宙”

1229_omote_convert_20120929000253.jpg

1229_ura_convert_20120929000322.jpg

12月29日(土)
開場13時、開演13時30
新宿伊勢丹会館”エル・フラメンコ”

〈出演〉
踊り:屋良有子
ギター:フェルミン・ケロル
カンテ:エル・プラテアオ
カホン:りょう
バイオリン:三木重人

会沢希久枝、奥先桃子、小島典子、斉藤百合絵、佐中昌代、中澤知子、中島恵美、村瀬恭久

チケット(自由席):前売り5000円 当日5500円
ご予約はarikoyara@hotmail.comにお願いします。

※当日11時より整理券をお配りいたします

 
   刻々と想いは変化するから
   2012年の今を刻んでおきたいのです

    ”宙”は永遠であり一瞬だから
スポンサーサイト

|12-10|日記||TOP↑
アニータの送別会でした。

b_convert_20121209234332.jpg

彼女を最初に見たのは”麗の店”で。
私がレギュラーで踊ってた時、お客様として来てくれました。

初対面だったけどフラメンコやってるというので
ショーの最後のフィンデフィエスタに誘ってみたところ

d_convert_20121209234413.jpg

オレ~~~!!

普通照れて出てこなかったり、緊張で踊れなかったりするものですが

彼女は、履いてた靴をパッと脱いで
長い金髪を左右に振りながら
妖艶に踊ったのです!

その日から彼女との関係が続いてます。

私のショーを見に来てくれたり
お互いの近況報告をしあったり。

a_convert_20121209234311.jpg

今回海外転勤になり
今までのように会えなくなるのは本当にさびしいけど、、、
今まで以上に、彼女との関係は深まると思います。

彼女が更に充実した人生を過ごせることを、、、祈ってます。

c_convert_20121209234353.jpg

再会を楽しみにしてるね☆
buen viaje!!!




|12-09|日記||TOP↑
今日は長野伊那クラスでした。

長野は雪でした。

1_convert_20121209231920.jpg

先日の中央道トンネル事故でバス運行状況を心配しましたが、、、
行きは15分、帰りは30分の遅れのみでした。

私にとって大切な伊那クラスへの移動機関であったり
年末のリサイタルに伊那クラスの生徒さんが東京まで来てくれることだったり

自分に関係するから中央道の事故が、私の現実のテーマになるけど
そうじゃなければテレビの画面の一コマに終わった可能性は大。

怪我や病気もそうです。

大切な人や自分自身がなってはじめてそれが現実になり実感される。

6_convert_20120719212316.jpg

自分がここに有るということ、有れるということを
あらためて考えた伊那クラスの日でした。

|12-09|日記||TOP↑
友人が毎年くれるクリスマスのチョコレート菓子。

1_convert_20121206080437.jpg

今年もこの時期が来たんだな

今年も私を思い出してくれたんだな

2_convert_20121206080502.jpg

”サンタさん”ではなく”友人”がくれるこんな気持ちが
嬉しい。


|12-06|日記||TOP↑
「おさらい会」無事終了しました!!

121-DSCN3562_convert_20121205114214.jpg

でも、、、

118-DSCN3454_convert_20121205114145.jpg

「おさらい会」ってナニ~~??

113-DSCN3363_convert_20121205114021.jpg

私自身、「日本のフラメンコのお教室」に通った経験があまりないので
いわゆる”教室のイベント”なるものを知らないんです。

117-DSCN3446_convert_20121205114113.jpg

クラスをはじめて二年。

106-DSCN3299_convert_20121205113808.jpg

”発表会”や”生徒ライブ”などはやってきましたが
今回の「おさらい会」は、初めて。

107-DSCN3306_convert_20121205113831.jpg

準備や進行で分からないこと、迷うことも多々ありましたが

112-DSCN3351_convert_20121205113951.jpg

終わってみると

098-DSCN3266_convert_20121205113642.jpg

「やっぱりやってよかった!!」、

108-DSCN3308_convert_20121205113857.jpg

舞台で衣装を着て、照明を浴びて、今の全部で踊るみんなの姿、感動しました。

122-DSCN3580_convert_20121205114237.jpg

カンテのプラテアオとチェマ、沢山の愛をありがとう。

115-DSCN3400_convert_20121205114049.jpg

有志で参加してくれた6人のムシコたち

126-DSCN3665_convert_20121205114407.jpg

お手伝いをしてくれた生徒さん

128-DSCN3668_convert_20121205114439.jpg

ほんとにありがとう。

131-DSCN3679_convert_20121205114517.jpg

おさらい会ってナニ~~??と思ってましたが

100-DSCN3271_convert_20121205113708.jpg

いつもよりもう少しフラメンコに

086-DSCN3226_convert_20121205113616.jpg

自分自身に

085-DSCN3222_convert_20121205113547.jpg

向かい合う会

077-DSCN3188_convert_20121205113330.jpg

仲間の存在を再確認する会

079-DSCN3196_convert_20121205113426.jpg

失敗もあったけど

133-DSCN3683_convert_20121205114617.jpg

また頑張っていこうね!と笑いあう会

132-DSCN3681_convert_20121205114544.jpg

なのかな。

089-DSCN3240_convert_20121205123809.jpg

また一つ大切な想い出ができました。

125-DSCN3664_convert_20121205114330.jpg

ありがとう☆
お疲れ様でした!!
|12-05|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク