セビージャの踊り手、トロンボのクルシージョ受けました。

1+(2)_convert_20120729231354.jpg

スペインで彼のクラスを初めて受けたときは衝撃でした。
踊りの振付ではなくフラメンコの哲学を、人生の哲学を
教えてくれるクラス。

彼の言葉、態度、眼差しはエネルギーに満ち溢れてて
毎回真剣勝負で
私も何度も泣いてしまったのを覚えてます。

心をわしづかみされるような感覚。

そう、結局彼は答えをくれるわけではなく私たちに問うんです。
あなたは誰だ、と。

彼の言葉が心に残り
その意味を自分で模索し続け
時間が経ったときに
あらためて、あの時のトロンボのおかげって
思う。

そんな彼に日本で会えることに感動。
日本にもそんな彼のフラメンコが必要とされることに感動。

クラスが終わって外に出たら街は暑かったけど
何だか私はさわやかで早足でスタジオに向かいました。
スポンサーサイト

|07-29|日記||TOP↑
昨日はアルハムブラライブにパルマで参加しました。

4_convert_20120729120941.jpg

出演者が生徒や仲間だったので友情出演という形で参加しました。

3_convert_20120729120918.jpg
6_convert_20120729121016.jpg

彼女たちの舞台は今まで色々なシチュエーションで見てきてます。

DSCN1885_convert_20120729121115.jpg
DSCN1867_convert_20120729121044.jpg

舞台の回数を重ねるごと、踊りや演奏が上達していく様は見てて嬉しいです。

DSCN1942_convert_20120729121142.jpg

でも、
舞台の回数を重ねるごと

DSCN1952_convert_20120729121209.jpg

”練習生”ではなく一人の”アーティスト”として成長していく様は何より嬉しいです。

DSCN2055_convert_20120729121235.jpg

そして、
舞台の回数を重ねるごと

DSCN2160_convert_20120729121526.jpg

もっと高いところを目指そうとするその姿勢は

DSCN2141_convert_20120729121304.jpg

本当にうれしい。

DSCN2168_convert_20120729121332.jpg

しかし~!
反省点もたくさんあります!(もちろん私も含めて!)

DSCN2264_convert_20120729121357.jpg

また
悩んだり泣いたり笑ったりしながら

DSCN2324_convert_20120729121428.jpg

”もっと”を目指して進んでいこうね。

DSCN2416_convert_20120729121456.jpg

お疲れ様でした!


|07-29|日記||TOP↑
7月22日長野ライブ終了しました!

お越しいただいたお客様、ありがとうございました!
そして、お手伝いと温かい笑顔・ハレオをかけてくださった清水よしこさんとその生徒さん方々
本当にありがとうございました!

10+(2)_convert_20120727001940.jpg

ホアン・ビジャールとアントニオ・ビジャールのカンテ、
黒くうねってました。

11_convert_20120727002003_convert_20120727002750.jpg

私はシギリージャとティエントを踊りました。
今まで何度も
色んなアーティストと
様々なシチュエーションで踊ってきた曲でしたが

3_convert_20120727001717.jpg

今回は今までと”何か”が違いました。
レトラもエストリビージョもパルマも衝撃で
黒くてうねり続ける彼らの世界に集中するので必死でした。

1_convert_20120727001639.jpg

踊りの反省は無限にありますが
彼らの世界に集中すること、それだけが彼らと共演する意味なのだと思います。

2_convert_20120727001700.jpg

今回のライブ、自分が思ってた以上に私は緊張してたようで
終演後ホアン・ビジャールの優しく嬉しい言葉に
(内容は私のうちだけに大切にしまっておこうと思います)
緊張や不安が緩んで、涙がぽろぽろ流れてしまいました。

5_convert_20120727001754.jpg

アントニオ・ビジャールのハレオも印象的でした。
「!!Ole!!Tu Madre!!(あなたのお母さん、オレ!!)」

Tu:あなた、ではなく Tu Madre:(あなたを産んだ)お母さんに
オレ!!

フラメンコを一族で大切にしてきた彼のハレオは深くて重かったです。

そんな彼らのフラメンコを少しだけでも同じ舞台で共有できたことに感謝です。

4_convert_20120727001736.jpg

次の日は、ライブを見に来てくれた長野クラスの生徒さんと一緒に長野観光をしました。

9+(2)_convert_20120727001919.jpg

お喋りしたり、笑いあったり、ご飯を食べたり。

6_convert_20120727001814.jpg

フラメンコ以外の時間を共有することで
彼女たちのフラメンコをもっと知れたような気がしました。

7+(2)_convert_20120727001837.jpg

素晴らしいアーティストたち
見守ってくれる多くのお客様
知り合ったご縁を大切にしてくれる生徒さんたち

8+(2)_convert_20120727001858.jpg

沢山の輪の中で
私のフラメンコが在ることを実感した
二日間でした。








|07-25|日記||TOP↑
九十九里浜行ってきました。

6_convert_20120719212316.jpg

スペインにいたときは
悩むとカディスの海に行って
潮風にあたり
気持ちを整理しました。

5_convert_20120719212256.jpg

今回、九十九里浜に行って
朝日を見たら

4_convert_20120719212237.jpg

悩みながらも自分の進みたい方向にむかっていく決意が
出来ました。


|07-21|日記||TOP↑
先週金曜日13日は踊り手・里有光子ちゃんのリサイタルを
日曜日15日はアントニオ・カナーレスをゲストに迎えた鈴木敬子さんのスタジオコンサートを
見てきました。

里有光子ちゃんはスペイン留学時代の友人。
彼女がいたおかげで留学生活が100倍面白くなりました!
一緒にライブしたり、コンテンポラリーのクラス受けたり、呑んだり、笑ったり。
思い出すと私たちはいつも一生懸命。
本当に素晴らしい時間でした。

1_convert_20120719212143.jpg

その彼女のリサイタルだから応援したくなるのは勿論だけど、、、
ひいき目なしに素晴らしかったです!

2_convert_20120719212203.jpg

一人であれだけ踊りつづける姿に、オレ~!
バックのアーティストたちを率いる姿にもオレ~!
最後の挨拶で彼女なりの言葉で感謝と決意を述べる姿や
感極まって泣きそうになるのに泣かない彼女の美意識に
またまたオレ~!!

3_convert_20120719212222.jpg

唯一、会場はクラシック音楽のコンサートホールで、今回のリサイタルにあまりむかないのは残念でしたが

それでも、彼女の今が伝わる素晴らしいリサイタルだったし
それを友人として、一ファンとして見守れたこと
嬉しく思いました。

15日、鈴木敬子さんのスタジオライブでのゲスト、アントニオ・カナーレス。
衝撃でした。
今までスペインの大劇場でしか見たことなかったので
あのカナーレスをこの距離で観れることにまず衝撃。

10_convert_20120719212435.jpg

そして彼のオーラに更に衝撃。
難しいことをやるわけではないのですが、すべてに意味と意志があり
その視線、その呼吸、一つ一つに見入ってしまいました。
  
それにしても、、、、
来日中の
アントニオ・ビジャールやフアン・ビジャールJr、カナーレス、トロンボ、アリシア・マルケスなど
素晴らしいアーティストたちのアイレを間近で感じられる日本の今のフラメンコ事情って
スゴイ!! 


|07-19|日記||TOP↑
7月16日アルハムブラライブ無事終了しました!
お越しいただいたお客様、ありがとうございました!!

8_convert_20120718024424.jpg

今回は私の企画だったので大好きな方々に共演をお願いしました。
踊りは浅見純子さんと高野美智子さん、
ギターはホアン・ソト、歌は川島桂子さん
という豪華アーティスト!贅沢です~!

2_convert_20120718024012.jpg

特に、浅見さん・高野さんという大先輩をタブラオ企画にお誘いするのは
失礼にもあたるのかしら??とドキドキでしたが、、、
お二人とも快く受けて下さいました!
(美智子さんはなんとアルハムブラ初出演とのこと!恐縮です!!)

7_convert_20120718024159.jpg

お二人とも踊りのタイプは全然違うけど
威厳と品がありオレ!の連発でした。

3_convert_20120718024035.jpg

舞台だけではなく
控室でも打ち上げでも帰りの電車でも
お二人の話・眼差しにまたまたオレ!

4_convert_20120718024051.jpg

踊りは普段の立ち居振る舞いから成ると言いますが
まさにその通り。
本当に素敵な女性・踊り手さんで
益々ファンになってしまいました☆

9_convert_20120718024445.jpg

私はというと、、、
全然ダメでした、、、。

精神的・肉体的に疲労のピークだと感じてましたが
今回のライブはとても楽しみだったので
気持ちで乗り越えられると思ったのですが、、、
ダメでした。

6_convert_20120718024135.jpg

音に対する反応も遅いし体のキレも悪いし。
でも、そんな現実を踊ってるときに感じてしまうのが、、、一番悪い。

1_convert_20120718023951.jpg

やりたいことを全部やりたい
なりたい自分に近づきたい

15_convert_20120718074731.jpg

そんな気持ちばかりが空回りで毎日バタバタな生活。

5_convert_20120718024109.jpg

「踊りは普段の立ち居振る舞いから成る」
素敵なお二人から大切なことを学ばせてもらったライブでした。

|07-18|日記||TOP↑
「プリメラの仲間たち」無事終了しました!

12_convert_20120716002721.jpg

教室の生徒有志が新宿のスペースゼロで踊りました。

13_convert_20120716002811.jpg

去年に続き2回目の出演。

3_convert_20120716002343.jpg

去年は「プリメラの仲間たち」に参加するのも初めて
私自身、群舞の振付をするのも初めて
で分からないことだらけでしたが

4_convert_20120716002403.jpg

今年は2回目ということもあり、次のステップに挑戦できたと思います。

8_convert_20120716002600.jpg

”群舞”でも作品のイメージを共有しつつ”個”を大切にすること
”作品”でも毎回その瞬間を踊ること

15+(2)_convert_20120716004500_20120716004601.jpg

大舞台でライトを浴びて活き活き踊る彼女たちの姿は本当に美しく

9_convert_20120716002619.jpg

感動しました。

6+(2)_convert_20120716002444.jpg

去年の「プリメラの仲間たち」より、3月のエルフラメンコ発表会より
確実に上達してる姿は嬉しく、誇らしく

8+(2)_convert_20120716002533.jpg

でも、同時に私は先生として、バックのパルメラとして
成長してるか
自問と反省をしました。

14_convert_20120716002838.jpg

皆が上達する以上に私自身がもっと成長していかなければと
彼女たちの輝く姿を見て
気持ちが引き締まりました。

16_convert_20120716002922.jpg

本番は、それぞれの曲8分位のものですが

14+(2)_convert_20120716004440.jpg

それまでに色んなドラマがあり

10_convert_20120716002638.jpg

それを共有し、

11_convert_20120716002659.jpg

悩んだり反省したり大笑いしながら

2_convert_20120716002315.jpg

また志し高く進んでいける仲間に出会えたこと

1_convert_20120716002127.jpg

幸せです。

13+(2)_convert_20120716004103.jpg

「ありがとう」って言葉じゃ足りないんだけど

15_convert_20120716002902.jpg

ほんとにありがとう。
|07-16|日記||TOP↑
土曜は11時から19時までクラスでした。

スタジオのダブルブッキングや
私のスタジオ間違い
大雨でびしょ濡れなど
ヒ~なことが色々ありましたが、、、

みんなが毎回着実に上達してる様は
本当に嬉しく励まされます☆

4+(2)_convert_20120708235751.jpg

帰り際に浴衣の女性を何人か見かけました。
「今日、何かあったんですかね?」
「今日?、、今日は7日、、、ナナの日だ!」

新宿ゴールデン街にある老舗スペインバル・ナナ(7/7)の記念日。
案内頂いてたのに忙しさにうっかりしてました、、。
いつもお世話になってるきくちさんとエンさん。
一緒にお祝いしたかったです、、。

5_convert_20120708235809_20120709000636.jpg

今日日曜は長野クラスでした。

6_convert_20120708235830.jpg

以前振りつけたアレグリアスを久しぶりにやってみたら、、、

!!Ole!!

振り付けが終わっても自主練習してるのでしょう。
曲を大切にしてくれてるのが伝わってきて
嬉しかったです☆

1+(2)_convert_20120708235650.jpg

帰りのバスに乗り
昨日今日のことを考え、深く深呼吸したら

ハッと思い出しました。

「昨日は七夕だったんだ!」

3+(2)_convert_20120708235733.jpg

浴衣の女性を見てもナナの日と思う私。

2+(2)_convert_20120708235713.jpg

頭がすっかりフラメンコです。

 
|07-09|日記||TOP↑
なかなかタブラオでは見れない豪華アーティストの方々と共演させてもらいます!!

繝ゥ繧、繝悶・縺顔衍繧峨○_convert_20120707011116

7月16日(月・祝)
西日暮里・アルハムブラ


バイレ:屋良有子
    浅見純子
    高野美智子
カンテ:川島桂子
ギター:ホアン・ソト

一部19時、二部21時

ショーチャージ:各部600円

予約:03-3806-5017(アルハムブラ)
|07-07|日記||TOP↑
アントニオ・ビジャールのカンテライブ行ってきました!

今さらですが、、、
フラメンコってこんなにスゴイの!?
カンテってこんなに面白いの!??

なライブでした!

1_convert_20120707010253.jpg

ティエント+タンゴは大きな塊がゴロリン・ゴロリンうねり回り続けてる感じ
ブレリアはイルカが大海を自由に跳ねたり潜ったりする感じ
ファンタンゴでみせた静寂は、、、恐怖に近い感動でした。

4_convert_20120707010353.jpg

私はスタジオで自主練習してライブ会場に行ったのですが
さっきまで取り組んでた自分のフラメンコといま聴いたフラメンコが同じものとは思えず

ちょっとショックで、、、

3_convert_20120707010334.jpg

、、、とても良い刺激になりました!

2_convert_20120707010312.jpg

ん~、、もっとフラメンコを知りたいです!
|07-07|日記||TOP↑
謨吝ョ、譯亥・2_convert_20120517233301

7月7日より土曜初級クラス、スタートします!
11:30~13:00
新大久保カサアルティスタスタジオにて

詳細はお問い合わせください:arikoyara@hotmail.com
|07-05|日記||TOP↑
久しぶりに高円寺のスタジオで練習しました。

数年前、スペインから帰国した際は
このスタジオで、夜中まで練習し・疲れたら眠り・目が覚めたらまた練習、、、
なんてこともしてました。

あのとき叶えたかった目標に
いま自分は近づけてるか

a_convert_20120705085909.jpg

久しぶりにここに戻ってきて
また気持ちが引き締まりました。

|07-05|日記||TOP↑
タラントクラスにカンテの瀧本さんとギターの長谷川暖くんが来てくれました!

タラント独特のペソの感じ方
タラントとティエント、タンゴ・デ・マラガ、ガロティンなどとのうねりの違い
ギターがリードすべき場所、踊りがリードすべき場所、、、などなど

説明はどれもなるほど~!でとっても勉強になりました!!

3_convert_20120702104327.jpg

クラスには、有難いことに、踊り伴奏を勉強したいと有志で来てくれるギタリストが沢山います。

K君もその一人。
今回初めて私のクラスに参加してくれました。

そのK君をじっと見てた瀧本さん。弾き方のアドバイスをされるのかと思ったら
「君は若いんだろう?今からギターを志すものがギターを大切にしないでどうする?」と一言。

K君がギターケースを足置きの代わりにしてたのを指摘されたのでした。

4_convert_20120702104348.jpg

踊るより、弾くより、歌うより前に、まずフラメンコに取り組む姿勢を大切にすること、私も忘れがちです

スタジオで挨拶したり、共演者に感謝したり、舞台に上がる前に靴を磨いたり、、、
 
そういった礼儀作法も含めてフラメンコの勉強なのだと瀧本さんの言葉にあらためて気付かされました。

2_convert_20120702104303.jpg

ただ、、、K君は初めてのクラス参加だったので
突然の瀧本さんの言葉にびっくりしたんじゃないかと心配でしたが、、、

クラスが終わった後、走って戻って来て
「足置き台買ってきました!今日はありがとうございました!」と言ったので

1_convert_20120702104235.jpg

私こそありがとうと
思いました。



|07-02|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク