今日は長野クラスでした。

GWで道路が混んでてバス5時間かかりました~。

クラスはグアヒーラとティエントやってます。
スペインから帰国しレギュラーのクラスを持つようになり1年半。
少しづつ”教える”ことに慣れてきました!
、、、と言いたいとこですが

まだまだまだ、、、。

数で振付を説明しようとするとそのニュアンスが自分自身分からなくなったり
数を数えることで自分のやってることを再認識したり

反省と発見の日々です。

でも、時間が経って”教える”ことに慣れても
いつまでも新鮮でいたいなと思います。

そして”先生”と呼ばれても
いつまでも模索し続ける姿勢を忘れないようにしたいです。

1_convert_20120429231819.jpg

明日はイベリアライブ。
踊り手として先生として
沢山の反省と発見ができる日になると思います。
スポンサーサイト

|04-29|日記||TOP↑
まーくんは大学からの知り合いです。

たまに会ってはお互いの近況を報告しあい、お互いの元気を喜びあう。
沢山の刺激とエネルギーをもらい

会った後は
次回も笑いあえるよう
明日もまた頑張ろうと
いつも自然に思うんです。

b+(1)_convert_20120428234025.jpg

大学の頃からそれぞれの夢を追い続けて15年。

私の想像できない遥か遠い・高いところに辿り着いた彼を誇らしく思いますが

それでもまだ先を見続け努力し続けてる様は
なおさら誇らしい。

そして
どんなに立派になっても
あの頃と変わらず
穏やかでいられる彼を

c_convert_20120428234113.jpg

本当に誇らしく思います。

|04-29|日記||TOP↑
イベリアのスペイン人ライブ見てきました!
スゴイ~!!

スペインでも沢山ライブ見ましたが、、、
今日のはスゴイ~!!

特にsergio arandaという男性舞踏手!
踊りの緩急がスゴイんです。
静かに歌を聞いてたかと思うと一気に爆発。
でも、、常にエレガント。オレ!

将棋で100手先までよんでるような
でも100手目に突然作戦を変えるような

オレ!とオ~レ~!の連続な踊りでした。

でも、それはバックがスゴイからでもあります。
カンテのマヌエル・タニエとヘスス・コルバチョ、ギターのエミリオ・マヤ。

彼ら自身、舞台を楽しんでて
歌うほど、弾くほど、エネルギーの塊がどんどん大きくなって
会場を包み込んでました。

私はすっかり興奮し、幸せになり
気付いたら風邪も治ってました。

b+(2)_convert_20120428234046.jpg

、、、で、私も30日(月)、同じ舞台で踊ります!
すごい刺激とイメージをもらったので
良い舞台になるよう頑張ります!

是非見に来てくださいネ。

4月30日(月)
イベリアライブ・ESPECIAL RINCÓN ANDALUZA
黄金の声〈VOZ〉を持つフアン・ホセ・アマドールと共演!

《ワンステージ制|食事&ドリンク企画》
[会場]恵比寿 サラ・アンダルーサ

[時間]19:30 open / 20:00 start
[出演]B=宇根由佳、太田マキ、屋良有子 / C=フアン・ホセ・アマドール / G=フェルミン / ゲストB=イネス・ルビオ
[料金]¥4,500 ※ショーチャージのみ
 
[お問い合わせ]arikoyara@hotmail.com 





|04-27|日記||TOP↑
風邪で声がガサガサになってしまいました。

スペイン人の友人から電話があり
「oye~!que tal?」と言ったら

ガシャンと切れたから
かけなおしたら

「ビックリして切っちゃった」と。

はやく治します、、、。
|04-25|日記||TOP↑
ピナ・バウシュのドキュメンタリー映画「pina」を見てきました。

ピナが亡くなった後も、
舞踊団に彼女の意思が確実に引き継がれてること
そして彼女の存在と残したものの大きさをあらためて実感させられる作品でした。

c_convert_20120423012751.jpg

私は20歳でフラメンコに出会うまで
踊りとは全く無縁の人生でした。

その後、
フラメンコをきっかけに
コンテンポラリーダンスや舞踏に興味を持ち
ピナ・バウシュ、モーリス・ベジャール、ジョルジュ・ドン、大野一雄などの作品を知ることで
一気に世界が広がり

少し自由になりました。

d_convert_20120423012818.jpg

「踊り続けなさい。自分を見失わないように。」

「pina」の最後の言葉です。
|04-23|日記||TOP↑
毎週金曜日16~17時30 新大久保カサ・アルティスタスタジオにて
タラントクラス始まります!

興味のある方、お問い合わせください!
arikoyara@hotmail.com
|04-21|日記||TOP↑
舞台では、
毎回ギリギリ→今の本当の自分、なので

それをずっと見続けてくれてる人は
プライベートで話さないでも
私のことを知ってるんじゃないかと

b_convert_20120420010956_20120420011122.jpg

思うのです。

|04-20|日記||TOP↑
「どう動いたかじゃなく、どう動くかを見たい」

久しぶりに再会した友人に言われました。

a+(2)_convert_20120420010920_20120420011123.jpg

その通りだと思います。
|04-20|日記||TOP↑
昨日帰国しました!

空港に着いたら、雨が降ってる~、寒い~。

さっそくセビージャが恋しくなったのですが

生徒さんやお友達と連絡を取り合ったり
お家で熱いお風呂に入ったら

スペイン滞在が出来たことの感謝と
日本でまた頑張る気持ちが
湧いてきて

幸せを実感し眠りにつきました。

今日は長野の伊那クラスでした。

久しぶりでしたが、みんなが復習して”待ってて”くれたことに

a_convert_20120415234103.jpg

また嬉しくなりました。


|04-15|日記||TOP↑
スペイン滞在最後の日はセビージャでゆっくりしました。

8_convert_20120414214516.jpg

前日のカルトウーハのライブでは
舞台を降りると同時に涙がドドド~と溢れて大泣きしました。

10+(1)_convert_20120414214610.jpg

グループのリーダーだからしっかりしなきゃと思い
主催者に挨拶したり
共演者と話をしたり
後片付けをするのですが

9_convert_20120414214544.jpg

涙はそういう現実と関係なく
流れ続けました。

3_convert_20120414214341.jpg

その理由はまた後日。

6_convert_20120414214435.jpg

なので次の日は、スペイン滞在最後の日でしたが
全ての力が抜けてて、

a+(2)_convert_20120414221421.jpg

友人とご飯を食べたり

b_convert_20120414220055.jpg

トリアナを散歩したり

a_convert_20120414220031.jpg

笑ったりして

2+(2)_convert_20120414214237.jpg

のんびり過ごしました。

2+(1)_convert_20120414214208.jpg

今回の滞在でも
多くの優しさに出会ったり
自分の不甲斐なさを実感したり
大切なことを確認したり

気持ちは大きく揺れたりしながら

あらためて自分を確認できました。

7_convert_20120414214454.jpg

なんて私が自問したり自答しても
セビージャの空は明日も真っ青なんだろうなと思うと

6_convert_20120414214435.jpg

日本に帰って踊るのが楽しみになりました。


|04-14|日記||TOP↑
_MG_0037_convert_20120414142029.jpg
_MG_0030-3_convert_20120414141957.jpg
_MG_0015_convert_20120414141847.jpg
_MG_0013_convert_20120414141819.jpg
_MG_0023-2_convert_20120414141920.jpg
_MG_0073_convert_20120414142516.jpg
_MG_0062_convert_20120414142146.jpg
_MG_0047_convert_20120414142100.jpg
_MG_0097_convert_20120414142840.jpg
_MG_0119_convert_20120414143026.jpg
_MG_0096-3_convert_20120414142812.jpg
_MG_0091_convert_20120414142654.jpg
_MG_0086_convert_20120414142622.jpg
_MG_0119_convert_20120414143026_20120414144839.jpg
_MG_0118_convert_20120414142949.jpg
_MG_0184_convert_20120414143732.jpg
_MG_0163_convert_20120414143553.jpg
_MG_0154-2_convert_20120414143439.jpg
_MG_0151_convert_20120414143416.jpg
_MG_0252_convert_20120414144130.jpg
_MG_0249_convert_20120414144013.jpg
_MG_0256_convert_20120414145111.jpg
_MG_0266_convert_20120414144213.jpg

|04-14|日記||TOP↑
お天気になったので

8_convert_20120409075148.jpg

朝から自主練して

10_convert_20120409075211.jpg

友達に会って

3_convert_20120409064925.jpg

ご飯食べて

2_convert_20120409064900.jpg
4_convert_20120409064958.jpg

カディスに行って

5_convert_20120409075031.jpg
1_convert_20120409064838.jpg

海を見て

6_convert_20120409075057.jpg

色々思い出したら

7_convert_20120409075121.jpg

やっと分かったことがありました。

|04-09|日記||TOP↑
4月11日(水)スペイン・セビージャのMonasterio de Crtujaという場所で踊ります!

踊り:屋良有子
カンテ:ヘスス・フローレス、イバン・バルガス
ギター:ジョルディー・フローレス

morimori_b_convert_20120409061122.jpg

|04-09|日記||TOP↑
セビージャは今週セマナ・サンタ(聖週間)というお祭りです。

8_convert_20120407070015_20120407070713.jpg

このセマナ・サンタとその2週間後に始まるフェリア(春祭り)が
セビージャの二大イベントなのですが

11_convert_20120407070334_20120407070710.jpg
12_convert_20120407070359.jpg

大雨が降ったり
10℃以下だったり

10_convert_20120407070107_20120407070711.jpg

不安定な天気が続いてます。

2_convert_20120407065507.jpg

セマナ・サンタ最終日の日曜は晴れるとのこと
真っ青なセビージャの空が待ち遠しいです。

4_convert_20120407065609.jpg

私は今週トロンボのクラスをとってます。

6_convert_20120407065914_20120407070715.jpg

以前、留学していたときもクラスに通ってましたが
今回久しぶりに彼のフラメンコ学に触れ
今の私のフラメンコは強く彼の影響を受けてることを
再確認しました。

7_convert_20120407065941_20120407070714.jpg


トロンボは、踊りの振り付けではなく、フラメンコの哲学を教えてくれます。
それはイコール人生の生き方でもあります。
彼の授業の後は、クラスでの言葉をノートに書き留めたり、自分の在り方を考えたり

13_convert_20120407070143.jpg

”スタジオで練習する”以外の時間が必要です。

14_convert_20120407070429.jpg

スペインに来て良かったなと思う理由が
またひとつ増えました。
|04-08|日記||TOP↑
週末、コルドバとカディスに行ってきました。

17_convert_20120404065807.jpg

コルドバは友人を訪ねて行き
家族に温かく迎えてもらいました。

19_convert_20120404065857.jpg

「アンダルシア人は話す声が大きいでしょ!」と大きな声で話すお母さんは80歳ですが
身体・精神とも、とても元気。

20_convert_20120404065921.jpg

高齢になっても、
スペイン人女性は毎週美容室に行ったり
スペイン人男性は真っ白でパリッとアイロンかかったワイシャツに
ピカピカに磨かれた靴を履いたりしてます。

お家もとても綺麗に掃除されてます。

18_convert_20120404065832.jpg

今回、コルドバは自転車で散策しましたが
街があまりに悠々としてて
自分の中にコルドバがあるような
自分がコルドバの一部になったような
不思議な感覚を経験しました。

16_convert_20120404065735.jpg

カディスは、今回特に行きたかった場所でした。

14_convert_20120404070016.jpg
15_convert_20120404070037.jpg

今までの留学で
息詰まると電車に飛び乗り、この海に来ました。

11_convert_20120404070213.jpg

防波堤に座って一人潮風に吹かれると
体が軽くなっていき
また前を向いて歩いていく勇気が湧いたものです。

12_convert_20120404070236.jpg

今回、海に着いたときは曇っていたのですが

9_convert_20120404070120.jpg

少しずつ雲がとれ

6_convert_20120404070341.jpg

日が差し込んでくる様は

圧巻でした。

10_convert_20120404070145.jpg

”目を通してものが体の中に入ってくる”これまた不思議な感覚を経験しました。

7_convert_20120404070438.jpg

コルドバもカディスも、
今まで何度も訪れたことはありますが
毎回、今の幸せを実感し、感謝しなおす機会をくれる

大切な場所です。








|04-04|日記||TOP↑
木曜日セビージャの”T de triana”という場所で踊りました。

5_convert_20120401075023.jpg

マリア・パヘス舞踊団のギタリストfytyから声をかけてもらったんです。

8_convert_20120401075146.jpg

ただ、、、今回は本番を考えてなかったので靴しか持ってきてなく

10_convert_20120401075233.jpg

衣装から
網タイツから
モニョネットから

11_convert_20120401075300.jpg

急遽揃えるのは時間的に大変でしたが

1_convert_20120401074854.jpg

「やっぱりやって良かった!」

15_convert_20120401075613.jpg

特にギタリストfytyの、リブレかと思うほど抑揚のあるファルセータで踊るのはワクワクしたし
観客の方々からの熱い感想は、日本人として、アーティストとしての自分をあらためて見つめ直せ
勉強になりました。

6_convert_20120401075045.jpg

帰国前日の4月11日(水)にmonasterio de cartujaという場所でも踊ります。

13_convert_20120401075357.jpg

こちらは、4年前にビエナルの並行公演で踊る機会につながった、想い出も、思い入れもある場所です。

14_convert_20120401075421.jpg

どういう舞台になるか楽しみです。

7_convert_20120401075114.jpg

という、やっぱりフラメンコな毎日ですが

4_convert_20120401074959.jpg

昨日・今日はコルドバに
明日はカディスにと
スペイン観光も楽しんでます。

3_convert_20120401074922.jpg

あまりにも大地が悠々としてるので
涙が自然と出ることもしょっちゅうです。

12_convert_20120401075324.jpg

この気持ちがそのまま私のフラメンコに
つながっていけばいいな。


|04-01|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク