イベリアライブ、、、、貴重な経験が出来ました。

共演の踊り手、アルフォンソ・ロサは、、、本当に素晴らしい。
一瞬一瞬にかける集中力も、静から動への爆発力も、オレ!!
110625_221417_convert_20110628011040.jpg

歌い手、マヌエル・タニエの存在感、ギタリスト、エミリオ・マジャの包容力、

構成が上手くいかないとこもあったけど、、
大したことじゃないです。
あのメンバーと時間を共有できたこと
フラメンコを楽しめたこと
嬉しく思います。

終わった後、ライブを見てたファルキートやルビオからもらった言葉は
これからの私のフラメンコ人生をずっと支えてくれるほど

ありがたいものでした。

今は、、、私の中だけで彼らの言葉を大切にしようと思います。

いつか
あの時こう言われたおかげでと
言いたいな。
110625_143411_convert_20110628011008.jpg
スポンサーサイト

|06-28|日記||TOP↑
来日中のアルフォンソ・ロサのクラス受けました。

いちいち、オレ!
細部まで素晴らしい。

クラス中はもちろん、クラスが終わっても
彼の空気感を思い出しては一人ニヤニヤしてます。

110623_141000_convert_20110625002405.jpg

明日、彼と共演します!
ん~、、緊張するけど、この機会を大切に頑張ります。
|06-25|日記||TOP↑
フラメンコ・フェスティバル見てきました!

モネタとファルキート。
やはり素晴らしかったです。
110624_085556_convert_20110624122603_20110624123407.jpg
音響や演出については、むむむ~、、、と思う点もありましたが
その存在感は、、、さすがに圧倒的でした。

私はモネタの踊りが好きです。
最初に彼女を見たのは、約9年前セビージャで。

グラナダのすごい女の子が踊ると聞いて舞台を見に行きました。
それがモネタでした。
110624_122835_convert_20110624123144.jpg

鋭い眼光や、歯を食いしばっての弾丸サパテアード、吠えながらのレマーテ。
小柄な彼女の気迫に圧倒されました。

次の日、興奮冷めやらずアカデミアに行くと、、、
モネタが生徒としてクラスにいる!!

近くで踊りを見れるだけでも感動なのに
その彼女が生徒としてどうクラスで勉強するのかも見れるなんて!

でも、、、
クラスが始まってみると、
振付を取るのは遅いし、取っても間違えるし
”ムズカシイ~!””デキナイ~!”を連呼。
そこにいる生徒皆、あらら??と横目に見ながら思ってたとおもいますが、、、

歌・ギターが入った途端、、、燃えるように踊りだしたんです。
先生のイメージにしっかり沿いつつも、振り付けは自分のものになってるし
即興の部分は、、、ホント、火の玉そのものでした。

息をするのを忘れて、彼女に見入ったのを覚えてます。

昨日の彼女の舞台は、あの頃の直球な踊りに比べると
テクニックも方向性もバリエーションに富んでいましたが
、、、やはり火の玉。
110624_122922_convert_20110624123219.jpg

これからもずっと見ていきたい踊り手です。

|06-24|日記||TOP↑
初めてスペインに行ったのは13年前。
ただただ、セビージャという場所を見てみたかった。

次に行ったのは12年前。
セビージャが忘れられなくなった。

次に行ったのは11年前。
ここに生きてみようと思った。

数年後、帰国した後も渡西を繰り返し
今に至ります。

その間、多くの出会いで刺激を受けたり
自分の不甲斐なさにがっかりしたり
天気が良くて嬉しくなったり。

どの瞬間も素晴らしく、必要なものでした。

13年前に比べれば価値観も生活も変わりましたが
、、、今、とても幸せです。

明日から、生徒さんがセビージャに一年間留学します。
どんな瞬間を生きるのでしょうか。
110621_230223_convert_20110622100130.jpg
110616_001551_convert_20110622095959.jpg

応援してるよ。

|06-22|日記||TOP↑
そうそう、コレ!って思うだろうなーと思ったけど、、、
やっぱり思いました。

そうそう、コレ!!
110621_111757_convert_20110621112004.jpg

超豪華スペイン人アーティストによるイベリアのタブラオライブ、見て来ました。
4人の踊り手も素晴らしかったけど、、、

何といっても歌!そしてパルマ!!
エンリケ・エストレメーニョとマヌエル・タニエ。
歌、パルマは重厚で熱く、その存在感は圧倒的で
、、、感服でした。

しかも、、、会場には、ファルキートとモネタがお客さんでいて
これまた最高のハレオをかけるから
会場中のテンションはグングン上がります。

そこにいる全ての人がフラメンコを愛し
緊張と集中の中で
歌、ギター、踊り、パルマ、ハレオ、すべてが絡み合う。

そうそう、コレです!!

、、、至福の時間でした。

そして、、、今週土曜日には私も彼らと共演します!

緊張しますが、今の全部を出せるよう集中して頑張ります。
是非、観に来てくださいネ!

ご予約はarikole@docomo.ne.jpまでお願いします。






|06-19|日記||TOP↑
動けない日が続いてます。

踊り手人生から見ればこの数日は本当に僅かな時間なのだけど
悶々、、。

この僅かな時間が、
これからの長い踊り手人生にプラスになるよう
頑張って悶々しようと思います。

110617_190507_convert_20110618004334.jpg

|06-18|日記||TOP↑
昨日は、ベニート・ガルシア舞踊団ライブにゲスト出演
今日は、ベニート・ガルシアプロデュース公演”証”のリハーサルでした。

ベニさんに知り合ってまだ日は長くないですが、、、
会う度、彼の魅力に驚きます。

大胆でとっても繊細
厳しくて、、、とっても優しい

それは彼の生徒さんを見てるとよく分かります。
110611_202131_convert_20110612231322.jpg

皆さん、踊りが上手い!のですが、それだけではなく
一人ひとりの意識が高い。
目的をもってそこにいる。
110611_202148_convert_20110612231355.jpg

そして、ベニさんを愛して、尊敬してるんだと思います。

踊り手として、先生として、人間として
本当に素敵な方です。

知り合えたご縁に感謝。
共有できる時間を
大切にしたいです。
|06-12|日記||TOP↑
ほたる見に行きました
110609_223221_convert_20110611082519_20110611083149.jpg

儚い光があちこちでゆらゆら、幽玄の世界
110609_202858_convert_20110611082704_20110611083148.jpg

一匹のほたるが寄ってきて
なかなか飛び立ちません
110609_205002_convert_20110611082604_20110611083147.jpg

ほたるだって光って飛びたくない時も
あるよね
110609_2048+0001_convert_20110611083012_20110611083148.jpg

|06-11|日記||TOP↑
今日は長野県伊那市でクラスでした。

伊那までは、新宿から高速バスで3時間30分。
人生について考えるにはいい時間です。

で、、、途中のSAで15分休憩があるのですが、、

今まで一度も遅れた人を見たことありません。
いつも2,3分前には全員集合。すばらしい。

でも、、、スペインではなかなかそうはいきません。
15分が30分になったり。
そんなとこが好きだったりするのですが。

そのスペイン時間に慣れて帰国した際
21時発の新幹線が本当に21時に出発しててビックリ、
乗り遅れたこともありました。

次回の伊那行きバスでも、
15分休憩して、3時間15分人生について考え
今ある幸せを実感しようと思います。
110605_171806_convert_20110606011932.jpg

|06-06|日記||TOP↑
今日からアレグリアスのクラスがスタートしました!

個人的にアレグリアスという曲には想い出が沢山ありますが、、

3年前にスペイン・カディス県のアレグリアスコンクールに出場したときのこと

当日、会場まで行く電車がストライキでとまったり
ギタリストが遅刻してきてあと一分で出場停止になるとこだったり
終わったら足を骨折してたり!!
色々ありましたが、、、

踊ってる最中に、「私だけアレグリアスを知らない」と実感したことが
一番忘れられません。

会場は地元カディスの人々で満席。
彼らはアレグリアスという曲に慣れ親しんでるし、こよなく愛してます。
その中で踊ると、、、私だけ何か違うんです。

彼らのハレオや拍手は、、、
踊ってる私より歌ってたし、楽しんでました。

うまく言えませんが、、、
上手く踊る、とか
私らしさ、とかイゼンに
アレグリアスとは何ぞやってこと

私はきっと何にも分かってないんだな、、、と漠然とがっかりし骨折した足をひきづり
会場を出たら、、、

海が広がってました
vcm_s_kf_m160_160x120 (3)

強い風が吹きつける広大な海でした。

そこでしばらく茫然としてたら、、
自然にアレグリアスを鼻歌で歌ってました。
IMG_0130_convert_20090914072056.jpg

つまりは、、、そういうことなんだと思います。
3300_Copyright_HirohisaAoyagi.jpg

少しの経験だけど、全身で感じてきたことを伝えられるクラスになるといいな。
|06-04|日記||TOP↑
結局、私の方が多くを教えてもらってます

110601_221547_convert_20110602005601.jpg 

ありがとね
|06-02|日記||TOP↑
クラスで使わせてもらってるスタジオの隣は、カサ・アルティスタというフラメンコBARです。

赤の照明と店内いっぱいのワインボトルが
とても良い雰囲気。
110531_213927_convert_20110601004043.jpg

今日は、クラスの後に遊びに行きました。

オーナーのホアンさん、カンテのチェマは
人柄・アルテとも最高!

良い一時を過ごさせてもらいました。
110531_223440_convert_20110601004129.jpg

|06-01|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク