またまたご無沙汰してます~

22日予定だった舞台を29日に変更したので
今はその準備をしてます
(もうあさってですが、、、)

アーティストのドタキャンが
セビージャ最大のお祭りFERIAに重なり
みんな忙しいため、かわりのアーティストをなかなか探せず
で、リハーサルも出来ず、で
不安と焦りから、胃が痛くなる日が少々続きましたが、、、

決まりました~!!

歌:IVAN CARPIO
ギター:JUAN DE CLEMENTE

昨日、初リハーサルをしましたが
歌い手として、ギタリストとして素晴らしい!ザ・フラメンコ!!オレ~!!!
(しかも、メチャいい人~!)

でーもー、、、、
踊り伴奏、伴唱には慣れてないようで
「いわゆる」の形にならないのです。

「いわゆる」ジャマーダ・レマーテ
「いわゆる」エスコビージャ
「いわゆる」はけ歌
の形にならないのです。

最初は、どーすればいいの??と途方に暮れたけど、、
そう、
どーもしなければよかったのです!

こうすれば、こうなるでしょという先入観を捨てて
今の瞬間に集中し
今ある歌とギターを踊る
ただそれだけ

練習するほどテクニックは身に付くし
経験するほど知識は増えるけど
「出来る」「知ってる」を踊るのではなく
その瞬間に存在する
ということでしょうか

とは言いつつも、、
バタバタ動いて空回りしてしまう私ですが。おふ~。

「いわゆる」じゃないから不安や緊張はありますが

何かが見えそうで

本番が楽しみです



スポンサーサイト

|04-28|日記||TOP↑
先日の本番が終わったとこですが、、、
懲りずにまた4月22日に踊ります!

懲りずに、シギリージャです。

で、懲りずにまたまた悶々とした日を送ってます~。

前回の反省を活かしたいのですが、、
あれじゃいかんっっとは思うのですが
どうしていいか分からず、、

歌を聴き
スタジオに通い
あ~でもない、こ~でもない、の悶々の日々です。

この悶々Aが少し晴れれば
必ず悶々Bが来ることも分かってるのだけど

その少しの晴れ間を見たくて
明日もまた悶々とするのです。


|04-07|日記||TOP↑
海、行ってきました!
お天気で気持ちいい~

002_convert_20100405051107.jpg

今日でセマナサンタも休日も終わり
明日からまた頑張りますー
|04-05|日記||TOP↑
セビージャはセマナサンタの真っ最中

003_convert_20100402220232.jpg
イエス様
008_convert_20100402220355.jpg
マリア様
009_convert_20100402220511.jpg
昼も夜も、パソ(神輿)が街を歩いてます
|04-02|日記||TOP↑
今週はセマナサンタというお祭りの真っ最中で、クラスもお休み。

なので今日は踊り手の高木りょうたくんと練習しました。

彼はマルワのコンクールで優勝したように、踊りも素晴らしいのですが、、
中身はもっと素晴らしい!

踊りの勢いも誠実さも知的さも、あの性格からきてるんですね
フラメンコとは、人生とは、
の自分なりの答えをしっかり持ってて、自分の言葉できちんと話せる

見た目はすごく穏やかで人当たりもいいのですが
(ボ~っとしてるようにさえ見えますが!)

踊り手として、人として
これからどうなっていくか
憧れと期待の気持ちで
見続けていきたい人です

|04-02|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク