今日は朝練習して、その後小島章司先生のスタジオコンサートに行き、その後ノベンバーイレブンズに高橋ひでおさんを聞きに行ったので、フラメンコな一日でした。

小島先生は、、、凄かったです。
バックはエルフラメンコの人たちでしたが、小島先生に全てを捧げる感じは
冒頭から凄かった。
ナナを歌ったマティアスの迫力と研ぎ澄まされたファルセータ。
それにかそれ以上に応える小島先生もまた凄かった。
その場に生身の感情で存在する様は、踊るほど観客の心を掴み
大袈裟ではなく”人間ってすごいな”と思いました。

ノベンバーのひでおさんも凄かった。
踊りに正面からぶつかってく様も
全てを知ってる余裕も
良かったです。
ひでおさんのファンのような娘のような気持でショーを楽しみました。

ずっとやってきた方々は凄い。
やってきたことも、それを過去として笑えることも凄い。
今がいっぱいいっぱいの私には
勉強すべきことが沢山あったいい一日でした。
スポンサーサイト

|03-29|日記||TOP↑
5月5日(火)イベリアさんのサラアンダルーサで踊ります。

10周年記念でメンバーが超豪華!
B=ルイス・デ・スイス、松彩果、吉田久美子、島崎リノ、篠田三枝、高村康子、小林泰子と私
G=サンティアゴ・ララ
C=エル・ロンドロ
です。

是非見に来てくださいね!

当日はイベリアさんの衣装を着て少し踊るので
今日は衣装合わせに行ってきました。

素敵な衣裳が沢山飾られてて「好きなのを」と言われましたが
選んだのは、黒のハイウェストのツーピース。
こんな機会だから普段着ないようなものをと思い、花柄やかわいい系のも着てみましたが、、、
結局、いつもと一緒。
vcm_s_kf_m160_160x120 (3)

私は頭が固く好きと思うとずっとそればっかり。
フラメンコシューズは、何十足と買いましたがいつもガジャルドの黒革のベルトタイプ。
普段着も同じ形・同じ色のズボンを何本も持ってるし
レーズンクッキーが相変わらず一番好きです。

なかなか冒険しないから思わぬ発見に出会うことが少ないけど
好きなものは好き。
vcm_s_kf_m160_160x120.jpg

去年スペインにいるとき、私の大好きな踊り手エバ・ジェルバブエナがアンダルシア巡業を
してたので、コルドバやカディスやマラガなど追っかけをしました。
毎回演目は一緒だったけど日によってショーの出来は違い
”今日は少し集中を欠いたエバ”や”前回ほど迫力がなかったエバ”など
毎回見るとマイナスも見えてくるけど、でもそこも含めて素晴らしかった。

好きなものは好きじゃないとこも含めて好きなのです。
vcm_s_kf_m160_160x120 (4)

好き嫌いは良い悪いと違って、普遍でも絶対でもないけど
だからこそ自分の感覚に正直に我儘になるべきなのでしょうね。

という訳でいつもと一緒の黒の衣装が楽しみです。


|03-29|日記||TOP↑
昨日は麗の店で本番でした。
満員御礼!!

感動して泣いてくださるお客様もいて
好きなことを仕事に出来るだけでも幸せなのに
そこに共感してくれる方もいるなんて本当に幸せ。

いつも応援してくださる方もいらしてくれて
あらためて今ある環境を有り難く思いました。

IMG_0225_convert_20090327002237.jpg

写真は共演の塚原りかこさんと近藤ゆみこさん。
特にりかこさんにはいつもお世話になってます~。

お店も共演の方々もお客様も
私はとても大好きで助けられてます。
いい踊りをすることでしか返せないけど、、、
だからこそ、これからも頑張ります!
|03-27|日記||TOP↑
今、大勢で共同生活してます。
共同キッチン、共同トイレ、共同風呂、、、
というと「頑張るね~」と言われますが本当に快適です!

スペインに行く前にも住んでたとこなので
皆のことよく知ってるし、相談できるし、彼らも私のライブを見にきてくれるし、、
共同生活者ではなく“仲間”もしくは”同士”です。

IMG_0223_convert_20090326235152.jpg

この絵は”仲間”の山口くんが描いてくれたもの!
いつも共同リビングで不気味に微笑んでます。
山口くんは私のライブのちらしもつくってくれてます。
いつもありがとね。

ここにはいろんな人がいるけど
疲れて帰ってきてみんなの笑顔をみると
本当にほっとします。

みんなに会えたご縁に感謝。
これからもよろしくね。

|03-26|日記||TOP↑
今日はサラアンダルーサに行ってきました。
若干20歳の踊り手パロマを見てきましたが
若さあふれる勢いとサパテアードの強さに圧倒されました。

天気が悪いこともあってかお客さんが少なかったですが
歌い手のエンリケが日本語を交えて踊り手の紹介をしたり冗談をいったり
ショーを盛り上げてました。

ただ、歌うとやっぱりすごい!
樽みたいな体から溢れる歌は
”大地を揺さぶる”という表現が大袈裟ではなく
迫力があり、ガツンとぶつかってきました。

私の大好きな踊り手のビデオでは、
例えば、ジェルバブエナやイスラエル、マヌエラ・カラスコですが
必ず彼が歌ってます。

その彼と今度一緒に踊らせてもらいます!

ここからは宣伝ですが、、、
4月10日(金)一部19時、二部21時
踊りはルイスデルイス、河内さおり、小林理香、、屋良有子
ギターがエミリオマヤ
歌がエンリケ”エル・エストレメーリョ”です。

最近、この日のことを考えると緊張と期待で動けなくなります。
彼の歌を真正面から浴びられる幸せを楽しめるよう
集中して舞台に向かいたいと思います。

ここからも宣伝ですが、、、
チケットまだあります!
お時間ありましたら是非見に来てください。
お問い合わせは屋良までお願いします。
arikole@docomo.ne.jp
|03-22|日記||TOP↑
ゆうすけくん1
遅くなりましたが、、、、先週日曜プレステージライブ終了しました!
いつも大勢のお客様に来ていただき本当にありがとうございます!

今回は特に気合いの入ったライブだったので終わって数日力が抜けてました、、。
IMG_0258_convert_20090322010402.jpg

奥濱春彦さん、三枝雄輔くんと舞台ができたこと
貴重な財産になりました。
ソロを踊るだけではなく、三人でひとつのものをやりたいという私のわがままを聞いてくれ
去年の12月から少しずつアイディアを出し合い、形をつくっていきました。

二人とも本当に忙しい生活なのに、時間も気持ちもくれたこと嬉しかったです。

一部のシギリージャ・ソレア・ハレオは本番の前までバックのまっちゃん・あやさん・あべくんも
含めみんなで構成を練りました。本番は色々失敗もあったけど
それぞれの色が見える群舞になったと思います。
IMG_0237+-+繧ウ繝斐・_convert_20090322011315

やりたいイメージを形にするには
それを共演者と共有すること
それを具体的にするアイディアをみんなで出し合うこと
それができるだけの時間と気持ちがあること
が必要になります。

確かに、決まったメンバーとだけ舞台をするわけではないし
練習の時間も限られてるので
毎回それを望むのは難しい。
けど、どの舞台でもそれに近づく努力をしたいと思います。

踊るほど自分の足りないとこが見えるけど
踊るほどやりたいことも見えてくる。

道は果てしないけど、、、、また頑張ります!

|03-20|日記||TOP↑
ストイックだね~とよく言われます。
いい意味でも悪い意味でも。

いい意味では追究する努力のこと、
悪い意味ではそれに固執し
自己満足で終わってしまうことでしょう。

ストイックに突き詰めつつ
でも笑って全部をゼロに出来る余裕が
欲しいものです。
|03-13|日記||TOP↑
サラアンダルーサライブ終了しました!
お越しいただいた大勢の皆様ありがとうございました!

上藪ようこさん・タカさんのハレオ、
クラスで知り合ったみやこちゃんの笑顔、
福岡の友人、吉谷さんの応援など
客席の温かい雰囲気に助けられました。
ほんとうにありがとうございます。

共演の高木亮太くんは、勢いと余裕のバランスが素晴らしかったし
大和田いずみちゃんは、母の落ち着きを持ちつつタンゴでみせた愛嬌がオレ!でした。
田倉京ちゃんは、転んだことさえも終わってみればプラスになる好印象なバイレでした。
私自身は、、かなりへっぴりました、、。

予想外の展開になったときに、その場を楽しめなかった。
理想ばかり追いかけて今おこってることに応えられなかった。

う”~、、自分が悔しいです、、。

最近、気持が上ずってるのかしら、、。
少し落ち着いて、頭を整理しなきゃです。

|03-07|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク