結構喋ってるのでご存じの方は多いと思いますが
今日まで2週間、家なし子でした、、。スーツケース暮らし。
スペインでは貧乏生活に慣れてますが家がないのは初めて。
明日からまた別の場所で共同生活。
なので、今から少ない荷物をまとめて新しい生活の準備です。
ふ~、、と、よし!!です。
スポンサーサイト

|02-28|日記||TOP↑
昨日、スペイン料理がそろそろ恋しいでしょうとお友達がお食事に誘ってくれたので
神楽坂にあるスペインレストラン EL PULPOさんに行ってきました。

魚介類が中心のお店で、若い女性から会社帰りのサラリーマンまで客層は様々ですが
超満員!!
それもそのはず、生ガキやヒラメのカルパッチョ、タコのガリシア風などどれも最高。ワインとぴったりで大満足でした。
「こんな美味しいお料理食べられるならスペイン行きたい」とお友達が言うのも納得です。

が!!私はこんな美味しいお料理、スペインで食べたことありません!

超貧乏生活だったので、パンとトマトときゅうりが主食の毎日。
たまに贅沢で買うチョリソーを、お友達が犬にあげてるのを見て愕然としたことも!
両親が知ったら嘆きそうな食生活でした、、。
でも、、

悩みなく突き抜ける真っ青な空を見ながらベランダで食べたり
グアダルキビール川岸で友達と笑いながらビールを飲むのは
本当に幸せな時間でした。

最近は、年齢のこともあるし、プロの踊り手として体調管理にも責任を持たないとと思うので
食生活も以前よりは気をつけてます。
でも、とにかく勉強したい気持ちでいっぱいだったあの頃のご飯を思い出すと
懐かしく温かい気持ちになり、また気が引き締まりもします。
|02-25|日記||TOP↑
今日はマルワ財団のコンクールの本選を見てきました。

高木亮太くん堂々一位!!おめでとう!!
予選で舞台裾から飛び出してきた勢い溢れるアレグリアスも
溜めてためて爆発した本選のソレアも素晴らしく
若いエネルギーと、いるだけで何かしてくれるんじゃないかと期待させる存在感は
本当にあっぱれでした!

彼の踊りを初めてきちんと見たのは去年のセビージャのスタジオ。
翌日の彼のライブのためのリハーサルでした。
何かお手伝いできないかとスタジオに足を運びましたが、、、いやいや、、
彼はその踊りだけでスペイン人のバックの皆を納得、興奮、満足させ、
言葉や説明のいらない直球勝負をやってのけました。
翌日の本番はそれよりもまた素晴らしく、集中や迫力や余裕の表情を見せ
何よりも楽しみながら踊りきったステージは、バックも会場のお客さんも巻き込んで
これまたあっぱれでした。
普段の彼は、とても謙虚でバイトも頑張る好青年。
これからどうなっていくんだろう。
またまた期待です。

個人的には、三枝雄輔くんと小川愛ちゃんも各々の世界観が見えるフラメンコで
とても好きでした。

一曲7分という短い時間の中にも、今日に至るまでの準備の時間の中にも
皆さんそれぞれ不安やプレッシャー、喜びなど、
観る側にはわからない色んな想いがあったと思います。
それは具体的には分かりえないけど、その全部が感動としてこちらに
伝わってきました。

本当にお疲れ様でした。


|02-22|日記||TOP↑
自分の世界をもってる人と接するのは刺激になります。

シャンソンのサカイレイコちゃん、お能の吉谷さん、サッカーのまー君、ヒターナのデブラちゃん、みんな自分の芸を追求してるから真剣、でも話すと悠々としてて人として魅力的です。

ジャズ歌手の行方庸子さんもそんな魅力的な人です。
昨日赤坂で彼女のショーを見てきました。
歌はもちろん、マイクの持ち方から、視線や笑い方まで素敵!
ショーに感動し、彼女のプロとしての姿に感心しました。
でも終わって話をするととても気さくな方なんです。
歌った曲の解説や彼女のプライベートのことを話してくれたり、私の悩みを聞いてくれたり
歌手としても女性としても素敵ですっかりファンになってしまいました。

芸に対する勉強や鍛錬は一生ですが
同時に、素敵な人や多くの世界を知り自分を深めていきたいです。
私もいいアーティストになりたいなとあらためて思った夜でした。




|02-18|日記||TOP↑
今日はマルワ財団のコンクールの予選を見てきました。
5分という短い時間に各々の個性とメッセージを詰めた作品はどれも感動的でした。
でも、コンクールだから審査員がいて、順位をつけなければいけません。
個人的に応援していた友達は本選に進めませんでした。
本当に残念。
舞台ではエネルギーがとても強く出てたし
何より”彼女が”踊ってました。
結果がついてこなかったのは残念だけど、彼女の世界に共感したお客さんは多くいると思います。
必ず、今日のおかげでと思う日がくるから
また頑張ってほしいです。
でも、今日はゆっくり休んでね。
お疲れ様でした。

|02-15|日記||TOP↑
昨日、仕事の下見という名目で福島にいってきました。
続いた本番がひと段落したので反省と、次にむけて頭の整理をしようと思いましたが
無理無理。
景色に圧倒され何にも考えられなかったです。
雪山からゆっくり現われてきた荘厳な朝の光
積もった雪の間を我先にと流れる川の音
気まぐれに現れては儚く散っていく流星のような大花火
どの場面も印象的で、それが体に染みていくので精いっぱい。
そこに意味や答えを見いだせない。
それが本物の凄みなんだと思います。
ただただ感動する、
寝る前に思い出しては満たされる。
そんな踊りがしてみたいものです。
|02-15|日記||TOP↑
昨日はファミリアでライブでした。
満員御礼!!お越しいただいた皆様ありがとうございました!
今回は私がメンバーを選ばせてもらったので
大好きなさとゆみちゃんとすすむくんにお願いしました。
さとゆみちゃんは森田志保先生のクラスで一緒だったころから
人柄も踊りも大ファンです。
豪快だけど気を遣う実は繊細な人。踊りも性格そのままです。
立ち姿の存在感、凛とした首筋が印象的。
すすむくんは初めてみたときに、ライブをするならこの人!と思った憧れの
踊り手です。スペインに行く前に一回共演させてもらい
そのときも気持ちをいっぱいくれ幸せに思ったのを覚えてます。
今回また一緒に舞台でき本当に楽しかった!
限られた時間でのリハーサルだったから本番はうまくいかないとこもあったけど
二人とも求める世界や個性がすごく見え
一緒の舞台にたて多くを学ばせてもらいました。
また同じメンバーでやりたいです!
二人とも他の舞台やクラスで大忙しなのに
ありがとね。
またよろしくおねがいします!

|02-14|日記||TOP↑
今日はつらい日だったから明日はいい日になるといいな
|02-11|日記||TOP↑
まーくんは”ありこも頑張ってるはず”と自分を励ますらしいので
私だって負けてられません。
|02-11|日記||TOP↑
昨日はノベンバーイレブンズでライブでした。
お越しいただいた大勢の皆様本当にありがとうございました!!
真剣な表情で出ていくと目の前に池田親子の姿が見え、思わず微笑んでしまいました!
また、静岡から足を運んでくれた渡辺さん
大学時代の友人の江田さん
いつも応援してくれる方々
ありがとうございます!
ギターの亮太郎さん、カンテの川島さんには合わせで色々アドバイスをもらいました。
やりたいイメージに近づくにはどうするか具体的にアイディアをもらえ
本番では私の力量不足でやりきれない点も残りましたが
これからの課題として大きな収穫でした。
共演の松丸さんは私の師匠。
パルマをたたかせてもらい松丸さんの世界と求めるものの大きさが
客席からとはまた違う角度で見え、益々憧れの人になりました!
荻村さんは初対面でしたが物腰柔らかい女性的な方で
特にアレグリアスの粋な抜けはオレ!!で、また一緒に舞台できたらと思います。
私は、、、”やりたいこととやれてることに差がある”と某M氏に言われたように
イメージ先行の踊りで、その場を楽しむ余裕と力量が足りませんでした、、、。
いつかはステージが終わった後、うまくいったと満足できる日がくるのでしょうか。
全部出せた、一体になれたという充実感はあるけど
反省のない満足は一生ない。
だから次に続けていく意欲につながるのしょう。
目標は到達した瞬間に過去になるから
一生、”もっと”を欲するんだと思います。
そんな人生は過酷で最高に幸せですね。

|02-10|日記||TOP↑
今日は父の誕生日です。
母と金沢に旅行してるはずですが電話がつながらないので観光を楽しんでるのでしょう。
おめでとうを言いたいけど、二人の笑顔を想像すると私も幸せになります。

私がフラメンコにはまりスペインに行きはじめたころ、
父は、”娘が熱中してること”として応援はしてくれましたが
”踊り手としての人生”は賛成ではなかったようです。
留学を、スペインの文化や語学関連の仕事に活かすか、人生経験として活かせば
くらいに思ってたはずです。
でも、、、
4年弱住んだスペインから帰国して最初に踊った東京の舞台で泣いてくれたこと、
こっそりフラメンコ協会の会員になって協会報を読んでたこと、
サラバラスが誰かわからないけどDVDを買って家で一人で見てたこと、
後で知り、涙がでました。
今、フラメンコの人生を幸せに思えるのはそんな温かい気持ちのおかげです。

私が大学で東京に行く時、手紙をくれました。
”どこにいても誰といても、いつもありこらしくいなさい。
 自分が有る子でいるように有子と名前をつけました”

相変わらず、好きの気持ちだけでフラメンコを追いかけてスペインに行ったり東京にいたりする
人生で、父も私の具体的な生活は分からないと思うし心配にもなるでしょう。
でもこの名前に恥じないように、またいつも想ってくれる父の気持ちを受け止められるように
自分に厳しく生きていきたいと思います。

遅くなったけど、、、お誕生日おめでとう。


|02-07|日記||TOP↑
昨日、久々にシャンソン歌手のサカイレイコちゃんの歌を聞いてきました。
一年以上ぶりの再会だったけど、相変わらず美しく、歌はますます迫力と味を増してて
大満足でした!
歌唱力の高さは勿論、彼女の独特の世界が私は大好きです。
妖艶で強く、いさぎいい、のにふと弱いとこも見えたりして。
”いわゆる”シャンソンというより、彼女の解釈と人としての魅力が見えるサカイレイコの歌。
私も、、、屋良有子の踊りを踊りたいです。
哲学のある踊り、
良いとこも悪いとこも全部見えるくらいそこに全部を注ぐ踊り。
彼女はいい友達であり、刺激をくれるいいライバルでもあります。
2月26日南青山のMANDALAでワンマンライブやるとのことです。
みなさんも是非足を運んでみてくださいね。
|02-07|日記||TOP↑
今日、本番を見に来てくれた大切な人と
本番後、いつも応援してくれる大切な人に会いに行き
彼らの大切な人を紹介してもらいました。
輪が濃く、広がり、温かい気持ちになりました。

|02-05|日記||TOP↑
昨日、古賀さんに会いました。
スペインに行く前に行ったライブを企画、運営をしてくださった方です。
いつも穏やかな顔で話を聞いて励ましてくれます。

私が素敵だと思う方たちは皆さん自分が確固としてあり自信があり
でもそれを誇示せず、悠々としてる。

私もそうなりたいと思うし、
そういう方たちが周りに多くいる環境は幸せです。
|02-01|日記||TOP↑

プロフィール



早稲田大学在学中にフラメンコと出会う。
その後スペイン留学を繰り返し、日本とスペインの舞台で研鑽を積む。
スペインではアデラ・カンパージョ、ピラール・オルテガ、エル・トロンボ等、日本では松丸百合、森田志保に師事。



2006年
日本フラメンコ協会第15回新人公演奨励賞受賞。

2007年
マルワ財団主催 第4回CAFフラメンコ・コンクールにて第3位及び奨励賞W受賞。
同年、クリスティーナ・ヘレン財団フラメンコ芸術学校に奨学生として留学。

2008年
セビージャ・ビエナルの併行プログラムでソロ公演を行う。

2009年
文化庁海外派遣員に任命される。
帰国後、多くのライブ活動を行いながら「響流」「REENCUENTRO」「SOLO」「宙」等、ソロ・リサイタルを開催。

2010年8月
屋良有子フラメンコ教室を開講し、現在主宰者として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

最新コメント

リンク